ハヤブサさん亡くなられた?47才、まだ若いのに、
直接お会いしたことはないけど、間接的に周りは俺も知る人達に囲まれてたみたいだからね?他人事とは思えなかった、

3日の訃報でブログは今日も更新されてる。書きためて予約にしておいたのだろね?
ハヤブサ死すとも「お楽しみはこれからだ!」、ってとこか?

誰からも愛され、慕われ、優しくて、強くて、それは立派な人物だったのだろう、

彼のブログを初めて訪問したよ、知らない人なはずなのにこんなにも泣けるとは思わなかった、
自分をダブらせてるか?プロレスで歌で、でも自分はハヤブサさんほどの覚悟はなかったし、対する愛もない、
彼は誰よりも強い魂を持ってたように思う、俺なんか足下にも及ばない、
今ごろきっと、天国で翼を広げ飛んでるよ、三沢さんと試合かもね?

慎んでご冥福をお祈り申し上げます。


高野直樹



【回顧録0152】
=================================



プロレスラーは夢をみること、諦めないことを伝えていく商売だと思っている。

オレ自身がプロレスからその大切さを教わってきたからだ。

リタイアこそしていたが、マイクは最後までそのプライドは持っていたと信じている。

だからこそ残念で仕方がないのだ。

"プロレスラーは強い"

それをマイクにも証明して欲しかった。



余談になるがどうしても書いておきたい。

自殺対策白書によると、毎年3万人を優に超える人が自ら命を絶っているらしい。

その中でも15〜39歳の死因の一位、特に20代男性は死因全体の5割以上が自殺だったという。



何度でも書く。

死んじゃダメだ。

いろんな理由で死にたいって思ってる人がいるかもしれない。

でも世の中には生きたくても生きられない人、死にたくても自分で死ぬこともできない人もいる。

オレもそうだった。

全身麻痺の体では自分で死ぬこともできなかった。

だから言える。

自分で死を選べるって事は、それだけの可能性があるって事なんだ。

オレは"まだ自分は喋れたんだ"って気がついた事で救われた。

たとえ身体が動かなくても、自分の思っていることや考えていることを、自分の声で、自分の言葉で伝えることができるって事の可能性とありがたさを実感した。

それだけで十分恵まれてるんだって思えた。

どんなに絶望するような状況でも、あきらめない限り可能性はゼロじゃない。

いま自分の周りにある景色は、世の中のほんの一部だ。

大丈夫!

これからどう生きるかで、人生には思わぬ展開が待ってて面白いぞ♪

生きてこそ・・・経験してきたからこそ心からそう思うんだ。



今は泣きながらでも笑い飛ばしてやれ!

きっとホントに笑えるようになる。

辛い時はこう叫べばいい。

「お楽しみはこれからだ!」

※SOURCE
http://s.ameblo.jp/fushichou/entry-12119307608.html
※引用。