(前略)
放射状に広がる波が、音速を超えるスピードで衝撃を伝えていく。
その数秒後、耳を聾する爆音が〈バイコロ》に届いた。耳障りな鈍い衝撃音は、兵士や科学者たちを骨の髄まで震わせた。
それは、天国の垂木をガタガタと揺さぶりながら平和をあざ笑う音だった。
のどかな風景は過去のものとなり、おそらくは、爆音の直前に一瞬だけ姿を見せた奇怪な海獣も海の藻屑となったことだろう。
少なくとも、爆発を見守っていた人々はそうであってほしいと願っていた。
40f3b41c.jpg
俺私物、『ゴジラ』(グレッグ・コックス、片桐晶=訳 / 角川文庫)。

ということで2014『GODZILLA』オフィシャル小説版、いっときたいと思います。
⊂((・x・))⊃
アマで買おうとして、ちょっと色々やって戻った時には一時的に売り切れてたこちら、
(o_o)
サティに普通に大量に在ったけども、つーか ホラー、SFって映画活字版てのは意外と少ないからね、一瞬ちょっと焦った。
(-。-;

(前略)
「この患者に、何があったか尋ねてもらえないだろうか?」
(中略)
看護師がさらに体を寄せると、患者は同じことをくりかえしながら、包帯が巻かれた手をかすかに動かして芹沢を指した。
「患者はこう言っています」看護師は英語で話しはじめた。

「あなたのような人間が……あなたがたがここへやってきて、大地を凌辱した。母なる大地の肌を引きさいて穴だらけにした……だから、彼女は悪魔をこの世に送りだしたのだ」
(後略)

俺logのUMA記事で毎度、結構 人間の愚かさをdisってる俺としてはよくぞ言った、って気持ち、

>あなたのような人間が……あなたがたが…

と 日本人の芹沢を指差し、…わざわざ言い直す、放射能による重度の熱傷に苦しむ患者の台詞の出だしに、
ソマリアの海賊と呼ばれる…一部の世界では…自警団を(私見です) 思い出したのは、たぶん俺だけではないんじゃないかと、
(u_u)

(前略)
「動物は」ジョーは語りはじめた。「すべての、ありとあらゆる種類の動物。鳥、トカゲ、クジラ、昆虫、この世界の無数の生き物は、つねに話をしている。人間には聞こえない音で。人間には処理できない周波数で。人間には捕らえられないほど速い音波やかすかな音波を発している。その大規模なバージョンを想像してみろ。ディスクにはそれが保存されているんだ。ある生き物が叫んでいる声が」

現実の世界の未確認動物、俺logで取り上げる、幻生物、UMAなんかもそーした会話をして、人間とは一線を隔しているのではないか?
(-。-;
「人間が来るよ」「人間の船が近くに来ているよ」
事前の通報がある為に、人はUMAを殆ど見ることすら叶わないのじゃないのか?
⊂((・x・))⊃
と俺は、この小説読んでて思ったよ、自分はそんなに的外れなブログをやってる訳ではないのかもしれない、
!(◎_◎;)

「父さん!」
ジョーが生きていることを祈りながら、フォードは瓦礫の山を目指して走りだした。
こんなときに、こんなふうに父さんに死なれてたまるか!何年ものあいだ、頭がおかしいと決めつけて話に耳をかそうとしなかったことを謝らなければならないのに。
狂っていたのはこの世界のほうだ───そして、それがわかるほどまともな人間は、ジョー・ブロディを置いてほかにはいなかったのだ。
(中略)
フォードは恐怖のあまり凍りついた。一瞬、防毒マスクをかぶった自分の息づかいと、早鐘を打つ心臓の音しか聞こえなくなった。
生きた山のような巨大な化け物のまえでは、海軍の訓練や戦闘の経験はなんの役にも立たなかった。
貝殻のような硬い物質でできた黒玉虫色の外骨格が、どこか昆虫を思わせる巨獣の体を覆っている。
肢は少なくとも六本はあり、大きさはさまざまだ。体重の大部分を支えているのは、くるぶし部分の関節が後ろ向きについた、がっしりとした後肢。
鎧で覆われた肩からは細長い肢が伸びている。
胸の部分からは、ほかの足よりはるかに小さな二本の前肢が突き出し、カマキリの鎌のように見える。
ガラガラヘビのような平たい三角形の頭の下から、ぎらぎら光る赤い目がちらりとのぞいていた。
大きな鉤形のくちばしから唾液が滴りおちている。人間の想像力をあざ笑うかのような途方もない巨体。全長が六十メートル近くはあるだろうか。

”動物”なんかじゃない。こいつはモンスターだ。
(後略)

これが新怪獣『ムートー』の描写。ムートーは番いで、ママは子に対し強烈な愛情を示す。
パパは小振りなれど飛べる。ママとパパは互いを求め移動するんだけど、そこへ、もう一頭、巨大な生態系の王、怪獣王が合流しようと現れるわけ、
!(◎_◎;)

(前略)
だが、次の瞬間、背中に平行線を描くように二本の長い亀裂が入りはじめた。
破裂した殻の下からぎらぎら光る突起が現れたかと思うと、不気味に蠢きながら、ステルス戦闘機を思わせる黒く光る翼になった。
血液が送り込まれた翼は硬くなり、鱗状の膜の下に太い血管が浮き出ている。
濡れてかすかに光る翼が伸びたり曲がったりしはじめた。
外骨格と同じ物質でできていると思われる黒い外皮が、翼の裏側を保護している。
化け物はもう体をまるめていなかった。変態を成功させて、勝ち誇ったように立ちあがる。
血も凍らせるような金切り声は、はるか彼方まで届いたにちがいない。生えたばかりの翼を広げて空に飛び立っていく。
フォードは恐れおののきながら、怪物が飛んでいく姿を見送った。
いったいどこへ行くのだろう?

こいつには感情移入させられるよ、”ムートー(Massive Unidentified Terrestrial Organism)、
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

(前略)
記念の食事に気をとられて、夫妻はまったく気づいていなかった。わずか一キロほど先のワイキキの浜辺に、海からあがってきた巨大な爬虫類がそびえ立ったことに。
滝のように落ちてくる海水に全身を覆われていても、海獣の途方もない大きさだけははっきりと見てとれた。
二本の頑強な後肢で立つと、全長が百二十メートル近くある。
がっしりした体、広い胸に筋肉質の前肢。先史時代のトカゲに似た巨大な顎を大きく開いたが、口から出てきた咆哮は、津波の到来を告げる泣き叫ぶようなサイレンに掻き消された。
(中略)
だが、津波の唸り声が鎮まったと思ったそのとき、雷のような地響きが響いてきた。
巨人がゆっくり歩いてくるような音が近づいてくる。
ドーン。ドーン。ドーン!
足音とともに、巨人の呼吸を思わせる、ゴロゴロいう低い音が聞こえてきた。
ゾーイは背後の闇に目を凝らした。停電して真っ暗だったが、どの高層ホテルよりも大きな影がうっすらと見える。
肢と、腕と、ドラゴンのような頭がついている。
(中略)
大きいので全身を一度に視界に入れることができない。
ゾーイには、それぞれの部位を見るのが精一杯だった。
山のような背中に、ギザギザした背びれが三列に連なっている。
二本の前肢には、爪のついた指が四本ずつ。
トゲでおおわれたしっぽは、列車のようにどこまでも長く伸びている。
(中略)
ゴジラがここにいる。
世にも恐ろしい爬虫類の怪獣が空港にそびえ立つと、ムートーですら小さく見えた。
背丈は、五、六十メートルは高く、体重もはるかに重い。
二本の肢で立って歩く姿は未知の恐竜かなにかのようだが、最大の恐竜ティラノサウルスより三十倍は大きいだろう。
がっしりした堂々たる体軀はごつごつした鱗で覆われていた。
たくましい前肢の先についた凶暴そうな鉤爪。広い背中に連なった鋸の歯のような背びれは、とげでおおわれた太い尻尾までつづいている。
尾の長さは怪獣の背丈ほどもあるだろうか。大きくせり出した額の下の獰猛な目が、いまにも襲いかかろうとするようにムートーをにらみつけている。
頑丈な顎の奥で、おとなの人間の大きさほどもありそうな牙がぎらりと光る。
その口が大きく開き、敵意に満ちた咆哮が空港じゅうに響きわたった。
ラッパのような声が、低く重い響きを増幅させながら身も凍るような雄叫びになっていく。
フォードはそんな音を聞いたことがなかった。
(後略)

とまあ、2014最新ゴジラはこんな風に現れて、ムートー夫妻を迎撃すんだけども、
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
何故 怪獣は集まり、ゴジラは怪獣同士戦うのか?その疑問にもこの米映画はしっかりと、なりの解釈をしています。
(°_°)
この後クライマックスへと突き進む訳なんだけど、そこは興味沸いた方は是非活字版の最新ゴジラをお読みいただくとして、
(^_^)v
俺私物レビューもここまで。
m(_ _)m
いやー、やっぱ映画オモローだから、オフィシャル小説もオモローだわ、
⊂((・x・))⊃
ジョーとフォード、フォードとエル&サム、母ムートーと卵、
これは離れ離れのファミリーの再会の物語だよ、深い愛情で繋がった 家族の絆の物語り、
!(◎_◎;)
ゴジラという家族と、我々日本人も久しぶりの再会を果たしたし、
(^ー^)ノ
映画館に行かれるのは勿論、この小説も合わせて読まれることをお勧めするよ、
(^_^)
久しぶりのゴジラで、ちょい点数甘いかな?いやいやんなこたない。

絶対ない。U・x・U

俺私物、『ゴジラ』(グレッグ・コックス、片桐晶=訳 / 角川文庫)。より抜粋、引用。


※合わせて読もう

2014『GODZILLA』より、BANDAIムービーモンスターシリーズ【ムートー】
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51765484.html

2014新作『ゴジラ』NECAフィギュア
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51763982.html

Honest Trailers - Godzilla (1998) よりGodzilla(2014)を見る
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51761361.html

【FIATvsGodzilla】フィアットCMのゴジラは腕が長い
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51761339.html

『Godzilla - Asia Trailer 』に見るゴジラとムトー
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51761331.html

最新作、米版【GODZILLA】は6パック❗️2014,全身ポスター登場❗️❗️
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51760122.html

ハリウッド版3D超大作『ゴジラ』新ゴジラ公開❗️
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51758949.html

【恐怖の大怪獣図鑑】 2014・新作ゴジラは近い
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51758818.html

Came❗️【 Godzilla 3D 】trailer! 『ゴジラ3D』予告編にゴジラ出現‼︎
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51753113.html

Amazon がうっかり公開してしまったハリウッド版『GODZILLA』の画像
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51743702.html

『GODZILLA 3D』のゴジラ横顔!!
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51739898.html

今度のゴッズィ〜〜〜ラはけっこうなイケメン
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51735720.html

2014 ハリウッド版ゴジラのお姿公開
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51730390.html

来年のGODZILLA(ごっずぃ〜らぁ〜)のポスター
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51729689.html

ハリウッド版ゴジラは3Dらしい…
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51702974.html

『人造人間キカイダーTheNovel』を読む。ちょっとだけ
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51759769.html

disっただけじゃあかんやろ!?『ガッチャマン』を読む
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51746558.html

『宇宙刑事ギャバン THE NOVEL』を読む!!
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51744449.html

ただ今『小説 仮面ライダーディケイド』を読書中
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51743672.html

『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』(【読書の秋『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』を読む】※http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51737846.html)

事件記者コルチャック/ ハヤカワ文庫、を読み始め
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51734320.html

『パシフィック・リム』(アレックス・アーバイン著、富永和子 / 角川文庫)を読書してます
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51731552.html

小説版『死霊のはらわた』('13)を読む
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721984.html

秋の夜長は『ぼっけえ、きょうてえ』
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51698789.html

『読書の秋』。この本を開く度、戦争はイヤだな と思う。
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51694449.html

小説よりおぞましい現実
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51694117.html

再録、『あの女』って誰?(金バエ最高!!ver.)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51688236.html

俺log検索ワードランク第36位『小説』すか?
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51686102.html

再録・リチャード・マシスン『スティール《Steel》』(四角い墓場) 画像あり。
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51635638.html

再録・画像あり『キングコング2』 ('86/講談社X文庫) 映画小説
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51647043.html

再録・画像あり『映画小説ターミネーター』('85/講談社X文庫) ノベライゼーション
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51647012.html

再録・画像あり。アクエリアス('87/集英社文庫) ノベライゼーション
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51646729.html

遊星からの物体X('82/サンリオ) 映画小説
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51671821.html

再録・画像あり【遊星からの物体X】原作『影が行く』'38/創元SF文庫
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51633937.html

再録・画像あり『ずっとお城で暮らしてる』
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51608579.html

再録・怪獣文学大全('98/河出文庫)、【闇の声(1907)】画像あり
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51635474.html

再録・画像あり『世界か燃えつきる日』('77/米) 原作【地獄のハイウェイ('67)】('72/早川書房)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51653453.html

再録・画像あり『伝説の時空へ』ST生誕30周年記念作品 DS9完全ノベライズ【トリブルでトラブル】スニーカー文庫
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51647659.html

禁書・ジョニーは戦場へ行った(角川文庫) 再録・画像あり
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51643366.html

『妖女(ヴィイ)』(1835/ニコライ・ゴーゴリ著、原 卓也 訳/怪奇小説傑作集5・創元推理文庫('06新版)、画像、リンクあり
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51599749.html

画像あり、再録・原子力潜水艦シービュー号('65/創元推理文庫) は『地球の危機』('61/米) ノベライズ
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51666002.html

再録、画像あり【『ウォーキング・デッド』ガバナーの誕生】('12/角川文庫)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51649989.html

再録、小説版・エルム街の悪夢 ('89 / 竹書房) 画像あり
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51642908.html

再録・ナイトライダー2 目の赤い殺人車(S63/勁文社) 画像あり
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51645809.html

再録・画像あり。【ヘルバウンド・ハート(ヘル・レイザー)】('89/集英社文庫) ルマルシャンの箱
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51625665.html

小説・『13日の金曜日』(サイモン・ホーク著 / 創元推理文庫) 再録、画像あり。
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51643066.html

幻想と怪奇❶('56/ハヤカワ・ミステリ)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51669879.html

再録・映画小説・バタリアン(S61 / 講談社X文庫) 画像あり。
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51643256.html

新・幻想と怪奇('09/早川書房) ローズマリー・ティンバリー他 著
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51669654.html

アウルクリーク橋の出来事 (ふくろうの河 原作) 光文社・古典新訳文庫、再録・画像あり。
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51645581.html

再録・画像あり。死体蘇生者ハーバード・ウェスト (H・P・ラヴクラフト / 死霊のしたたり / ’85、原作)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51642392.html

映画小説・死霊のえじき / 講談社X文庫(再録、画像あり)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51644153.html

死者たちの夜明け (ヘラルド映画文庫) 表紙画像あり、再録。
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51644077.html

宇宙ヴァンパイアー('77/新潮文庫) コリン・ウィルソン著。スペースバンパイアは全てを乾涸びさす吸精鬼
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51667740.html

サーフキョロン・岩井志麻子('09/徳間文庫)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51667306.html

【霧】('76/ジェームズ・ハーバート著、関口幸男 訳/サンケイノベルズ)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51653911.html

地底の世界ペルシダー('73/創元推理文庫) 『地底王国』('76) 原作は30円。己んぬる哉!!
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51666086.html

生ける屍(ジョイス・キャロル・オーツ著 / '04・扶桑社ミステリー)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51665580.html

現代百物語より
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51663629.html

地獄のデビルトラック('86/米) 原作『トラック('73)』(文春文庫・死のドライブ/'01) 収録版
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51653429.html

『ペット・セマタリー('83)』('89/文春文庫) S・キング、映画('89) 原作
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51652105.html

『決闘('71)』R・マシスン著 ('01/死のドライブ収録版、文春文庫) 映画【激突!】('71/米) 原作。
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51651959.html

久しぶりに古本屋【D・R・クーンツ】の2種4冊。そして『母親を喰った人形』
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51651456.html

【シービュー号と海底都市】('68/創元推理文庫)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51647880.html

【ダレク族の逆襲!】(S58/ハヤカワ文庫SF)ドクター・フー・シリーズ
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51647157.html

『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』(S62/勁文社)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51646425.html

小説・燃えよドラゴン(S58/秋田書店、MOVIEノベルズ)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51645348.html

獣人雪男 ('04/ちくま文庫、香山 滋 著)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51644413.html

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド(生ける屍の夜・映画小説)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51642642.html

サウンド・オブ・サンダー (いかずちの音)'76/ハヤカワ文庫『太陽の黄金の林檎』
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51635315.html

Goodbye,Dark Lovep(さらば、闇の恋人)'93/『カッティング・エッジ』新潮文庫
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51634763.html

クリフ・ジェーンウェイ
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51625334.html

ヘレン・マクロイ『殺す者と殺される者('57)』('09/創元推理文庫)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51622295.html

幽霊の2/3
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51621612.html

ぼくのエリ 200歳の少女
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51517845.html

ジェニーの肖像、検証2
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51471078.html

座頭市
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51287846.html