七夕だね?曇り?織姫と彦星は今年は逢えたのかな?
⊂((・⊥・))⊃
image
今回はこちら、味噌ラーメン、
(^O^)/
cd5956e0.jpg
そして茹でトウモロコシ〜〜〜
(^。^)
うまいーーー!!!
(^_^)☆

そういえばこの時期、とくに七夕は毎年天気悪くない?
!(◎_◎;)
もう何年も、あーあ、今年も織姫と彦星は逢えなかった。と言ってる気がする。
(-_-)
いやいや、考察すれば 雲の上はいつも晴れ、天候は左右しないんじゃなかろうか?
(O_O)
なので地上から見て 雨でも台風でも、天界では織姫と彦星は一年に一度の逢瀬を満喫しているのですよと…
(^ー^)ノ
ラブラブしてるのを下界の人間に見られたくなくて、毎年七夕の天気は悪くなるのですよと、
(^。^)
つまり曇りや雨、というブラインドを下げるのさ、
なんてね…(^_−)−☆

いや、マジメに云えば、真面目にやってきた奴が ハマってとち狂うのを、父ちゃんが怒った、てことは普通にあるよね?
(u_u)
経験値の浅さは、人を盲目にさせる。
(°_°)
だって、だれでも楽しい方が好いに決まってる。
でもそこで強い意志を働かせらんない人は、それまでの全てが水泡に帰する訳で、
(。-_-。)
もう二度と、同じものは永遠に手に入らないからな…
(u_u)
だから周りはいちいち煩いんだろね?そんなんでイイんかよ?お前!って、
{(-_-)}

パートナーの周りを排除しようとするパートナーは、それは自身の身の保全だけを考えてる、てのは俺の経験値からの答え。
織姫と彦星は、真面目な二人が本分を忘れた、という戒めが二人を引き離したんだろうけど、
人間の場合、手前はいきなり専業成ったりしてヘルプまったくしない割には、あの人と付き合ったらダメ!て、
ただの嫉妬、妬みと嫉み、だかんね?それは、
自分を生かす為だけに存在していれば好いんだ。つーコンプレックス。
(O_O)
自分さえ好きゃイイ、自分だけの思い通りに、という立場を利用したドス黒い本性って訳だわ、裏の顔。いやそれがそいつの真実の顔、
!(◎_◎;)
それまでの生き様と引き換えても好いと思える程ハマるんだよ、覚えたては。
⊂((・x・))⊃
わけわからなくなっちゃう。で、手練れのパートナーはそれでセルフウォレットを獲得、操る。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
自己の満足の為だけに、手前の名誉の為だけに、自分は、自分だけが必要とされていると周りにアピールする。
U・x・U
あー怖い。{(-_-)}

本当の愛なら、失敗も苦渋も、その人が納得するまで遠巻きに見ていてやるもの、
そして苦しい時には 黙って手を差し伸べてやるものだと、
俺はそう歌に描くだろうけどね、
(-_-)

ブラックウィドウ(Black Widow)の話しをしてる。人の姿した。
(u_u)

織姫と彦星の話しと並べて書く話しじゃなかったね?スマソ。
m(_ _)m



「ふーむ…つまり、織姫と彦星は今年もラブラブだったわけか…」
d760ca95.jpg
http://m.blogs.yahoo.co.jp/kyo910yagi


※引用。