今でも思い出すと泣けること、
(-_-)
5868fec0.jpg
今回は男飯、こちら!マグロ漬け、そして、
⊂((・⊥・))⊃
59b2f480.jpg
なんだっけ、名前?豆…
(u_u)
ま、いいや、思い出したら書く。
{(-_-)}
いや、あるんだよ、シメジとエノキだっけ?なかなか出てこないし、
レンゲ(ラーメンのやつね)、をずーっとスミレ、って覚えてたし、
(T_T)
ま、そんな自分を思うと泣けます。
(T_T)(T_T)(T_T)

そうね、母親の男、映画に俺を連れてく、つって、チャリを道に停めて「待ってろ」と言われて、暫く一人で待ってると、酒の匂いプンプンさせて戻ってきて、映画無し、てのは何度かあってさ、今だ思い出す度泣ける。
{(-_-)}
最初のうちは映画館に小3の俺を置いて、一人酒呑んで戻って来るやり方だったんだけど、
その内、俺の映画代も呑んじゃう、俺にはお母には「黙ってろ」とかそんな感じだったよね、
(o_o)
こいつには1度殺されそうになったよ。男が原付取りに行くから、ってお母がカブを買ったのね?
それを無免で、50なのに2ケツで 俺を前に乗せて、凄い勢いで走り出して、田圃の水路に突っ込んでって手前で急ブレーキ、一言「怖いだろ?」だってさ、
(。-_-。)
子供ながらに、母親の為に この人に嫌われないようにしよう、てのはいつもあったよ、段々成長してくにつれて反抗するようになるんだけど、
(°_°)
こいつには嫌な思い出しかない。39で血反吐吐いてくたばったらしいけど、今でもいちばん、卑怯な卑劣な部分が印象に残る人間だった、
そう!叔母の結婚指輪をかっぱらった、と叔父が俺を犯人にしたてあげた時だけは、こいつ何故か一言も喋らず無言でさ、俺から目を逸らすんだよ、
成る程なあーって思ったよね、大人って汚い、ってさ、
叔父も、ありもしない話想像しちゃって、仕方ないから、俺もかっぱらったのかなあ?って思っちゃって、泣きながら その俺がかっぱらったそうな叔母の結婚指輪、夜中に砂場に探しに行ったよ、
それで気が済むなら、ってそんな気持ちだったのかもしれない、
(>_<)
だいたい、何で小3の俺が女性モノの指輪かっぱらうんだよ?小3じゃ質屋も金は貸してくんねーわ、指輪やるような女がいる歳でもなかろーに、
で、何故まず真っ先に甥っ子を疑うんだよ?手前の息子にも訊けや、
U・x・U
あの男の眼と、叔父もうちの母親も叔母も、不思議だったのは、誰一人その男に背中向けたままなんだよ、で3人で小3の俺を糾弾する、
母親の男は何故か一言も発しない、叱るわけでもない、叔父は絶叫「俺じゃない」と何度も言ってんのに、
(o_o)
今もしそいつが生きてたら、どエラい目にあわしたる、今だにそう思ってるほど悔しかった、思い出すと今でも苦しくて…泣けて来ること、
(>_<)
ちょっとそんな話を思い出す機会があってさ、最近色々と、
結局俺は、復讐は必ず遂げるタイプだから。
因果は報うから、俺を怒らせんなよ、ってつくづく思ってるよ。
(。-_-。)


「たまーに思い出した日は、さめざめと泣きますのにゃ…」
809fbbbe.jpg
http://m.blogs.yahoo.co.jp/kyo910yagi



※引用。