『アメージング・スパイダーマン2』パンフから読み取るスパイダーマン、
^_^
パンフ購入。wkwkだよね、いかにもアメリカ、なこれ!!
(^O^)/
04b6d6bb.jpg
俺、私物。『THE AMAZING SPIDER−MAN 2』(東宝) より、
^ ^
グエンがね、やっぱ超絶キュートだから、気になって仕方ない本作、
d89a9fd7.jpg
日本の女の子に通ずる可愛らしさ、があるよ、(エマ・ストーン)ナチュラル。
(°_°)
歯のサイズが大小だったり、どっかアンバランス、てのはやはり人の個性だから、どれも同じ、は魅力じゃなく標本、
(O_O)
笑顔の目尻のシワひとつの入り方にしてもそこがナチュラルかどうか、てのは美しさの基本の様な気がするよ、
(*^_^*)
89743910.jpg
鼻の形が角度によっては川谷拓三氏に見えるのは俺だけ?ピーター(アンドリュー・ガーフィールド) 、
(^o^)/
ダサかっこいい、のがピーター・パーカーの基本だよね、アメコミのヒーロー達の素顔は、誰もどこか屈折したコンプレックスを容姿に纏ってる、
(°_°)
しかし、ガーフィールドて、猫みたいな名前、何で?
(^。^)
そんな魅力的な主役2人が主演の『アメージング・スパイダーマン2』、パンフレットによるとストーリーはこう、

高校生として生活しながら、スパイダーマンとしてニューヨークの街で活躍するピーター・パーカー。
スパイダーマンとして人々を守る日々に生きがいを感じていたが、いつか自分を倒す強敵が現れるのではないかとの不安もつきまとっていた。
そんな彼を支えてくれるのが恋人であるグエン・ステイシーの存在だった。
ある日、スパイダーマンは武装強盗を追撃中、電気技師のマックス・ディロンという男を助ける。
社会から疎外感を抱いていたマックスは、スパイダーマンに心から陶酔する。しかし、その想いが思わぬ事態を招き、マックスは、恐るべき電撃魔人エレクトロになってしまう。
また、ピーターの幼なじみで大企業オズコープの後継者候補ハリー・オズボーンは、オズコープがずっとピーターを監視していたことを知る。
はたしてピーターとオズコープの間には何が?それは以前、失踪したピーターの両親の行方とも関係していた。
やがてピーターとグエンは、高校を卒業。それぞれ独立の道を歩みだそうとするが、スパイダーマンとして生きることを選んだピーターに、安息の日々は訪れなかった。
エレクトロ、グリーン・ゴブリン、そしてライノが、スパイダーマンの前に立ちふさがる。
いったいなぜスパイダーマンは狙われるのかか?その裏にはオズコープの恐るべき秘密があった……。
※抜粋 引用。
69d09ee8.jpg
今回のスパイディはマスクの目がでっかくなった、
(O_O)
ま、プロレスの試合用マスク知ってる人には、マスクの視界が広い てのは合理的だから(視界が狭いと戦いにくい)、だから今回のスパイダーマン・マスクの目がでっかくなった、てのは物理的にも納得いく変更、
(u_u)
af407294.jpg
ついに旧作の世界に追いついた、ピーターの親友にしてグリーン・ゴブリン、ハリー・オズボーン(デイン・デハーン) 登場。
(o_0)
ちょっとした表情が、旧作のオズボーン父、初代ゴブリンことウィレム・デフォーそっくり、
!(◎_◎;)
bac5419e.jpg
今作では、ピーターの皮肉めいたウイットに富んだ説得、が満喫出来る。
(*^^*)
e2c82dcb.jpg
これが2014年版のエレクトロ、
!(◎_◎;)
街で偶然スパイディに声をかけられその気になっちゃう。
ところがスパイディもやはり周りの人間と同じだ、と逆怨み、ハリーに利用されスパイダーマンと戦う可哀想な奴。
{(-_-)}
ダークナイトの『ベイン』に通ずる悲哀が、この人にもある。
(。-_-。)
681e90dc.jpg
勧善懲悪ならよかったに、と逆に思ってしまう。
エレクトロに感情移入する人も きっと現代には多いんじゃないか?
(´・_・`)
6ed7e13c.jpg
本当に見る角度でものすごく2枚目、ピーターは旧作よかこの人押し。
(^O^)
旧作のピーターは、そろそろBTTFもリメイク来そうだし 次はマイケルJ役を演るとハマると思うわ、
(^o^)
と、そんな妄想をまたも抱きつつ、
2e1fd969.jpg
今回の『アメージング・スパイダーマン2』、パンフからのレビューはそろそろお終い。
(^.^)
ソフビがホットトイズから出てるみたいなんだけど売ってなかったのでこちらでご容赦を、
fa5018db.jpg
BANDAIソフビ魂版、スパイダーマン。
(^-^)
いや、出来はこっちのが凄い筈だよ、ま、許せ。
m(_ _)m
ゴールデンウイーク、映画行くならスパイダーマンだな、外れないよ、きっと。
最後まで席を立たないように、特に…X-MENファンはね?
(((o(*゚▽゚*)o)))


全て俺、私物。『THE AMAZING SPIDER−MAN 2』(東宝) パンフより、抜粋 引用。



※合わせて読もう。

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画(10)『悪魔のいけにえ3D レザーフェイス一家の逆襲』を観る
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51744741.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画『死霊のはらわた(2013)』を観る
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51739907.html

読書の秋『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』を読む
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51737846.html

The Expendables 3 『エクスペンダブルズ3』にインディアナ・ジョーンズとマッド・マックスが!!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51734532.html

映画 パシフィック・リムにも
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51733648.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画(8・5)【DVD】トロール・ハンター(浄書しました)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51731865.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画─DVD】トロール・ハンター(途中)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51731242.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画А撻譽鵐織襦曠爛デ人間2
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721307.html

ヘル・レイザー・日本語吹替版、キングレコード DVD&BD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51621840.html

ハロウィン・日本語吹き替え版
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51628132.html

エルム街の悪夢 BD 吹替版 (加筆しました)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51631882.html

【ハロウィンExtended Edition】 日本語吹替版 JVD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51647282.html

『悪魔の植物人間』('74/英) 日本語吹替版 DVD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51650033.html

再録・画像あり『デモンズ』日本語吹き替え版 (地上波/TV)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51633115.html

再録・画像あり『エクスタミネーター('80/米) 』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51655630.html

再録・画像あり『バタリアン』日本語吹き替え(地上波/TV)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51632622.html

俺的『映画ベスト13くらい』(ゾンビ) を発表した結果 (前編)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51713135.html

【完全版】ゾンビ映画ベスト13くらい、後編
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51712424.html

再録・ナイト・オブ・ザ・リビングデッド的、バレンタインの過ごし方【完全版】ゾンビ映画ベスト13くらい
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51711548.html

小説版『死霊のはらわた』('13)を読む
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721984.html

リメイク版『死霊のはらわた』が観たい
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721703.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ΑBD】『死霊のしたたり』('85・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51718614.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ァDVD】『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』('11・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51716901.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ぁBD】、『アベンジャーズ』('12・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715783.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画【DVD】、『宇宙人ポール』('11・英、米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715089.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画◆撻曠蕁TV版】、『4Dマン・怪奇!壁ぬけ男』('59・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715136.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画【DVD】、『バトルシップ』('12・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51714882.html

『パシフィック・リム』(アレックス・アーバイン著、富永和子 / 角川文庫)を読書してます
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51731552.html

四角い墓場・『リアル・スティール』('11/米) 。機械は人間には勝てない。日本語吹替音声BD版
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51665097.html

俺log検索ワードランキング、最近1位多いね『四角い墓場』より
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51681334.html

再録・リチャード・マシスン『スティール《Steel》』(四角い墓場) 画像あり。
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51635638.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ァDVD】『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』('11・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51716901.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ぁBD】、『アベンジャーズ』('12・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715783.html

ジェニーの肖像
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51468172.html

ジェニーの肖像 、検証
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51469956.html

ジェニーの肖像、検証2
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51471078.html

ラ・ジュテ
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51470440.html

『妖女(ヴィイ)』(1835/ニコライ・ゴーゴリ著、原 卓也 訳/怪奇小説傑作集5・創元推理文庫('06新版)、画像、リンクあり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51599749.html

再録・画像あり『世界か燃えつきる日』('77/米) 原作【地獄のハイウェイ('67)】('72/早川書房)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51653453.html

ふくろうの河
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51476298.html

アウルクリーク橋の出来事 (ふくろうの河 原作) 光文社・古典新訳文庫、再録・画像あり。
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51645581.html

ジョニーは戦場へ行った (日本語吹き替え版)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51642191.html

禁書・ジョニーは戦場へ行った(角川文庫) 再録・画像あり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51643366.html

フリッツ・ラング『死神の谷』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51489388.html

『妖女(ヴィイ)』(1835/ニコライ・ゴーゴリ著、原 卓也 訳/怪奇小説傑作集5・創元推理文庫('06新版)、画像、リンクあり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51599749.html