猿の男(Bassou) 人間と猿の間にミッシングリンク?
18591145.jpg
The Ape man(Bassou) The missing link between man and Apes?
http://frontiersofzoology.blogspot.jp/2013/11/zana-and-old-african-element.html?m=1

モロッコで、Skouraの町の近くで、www.bestlands.com(世界的なFree Dating,JobsとReal Estate)Bassouは、Dadesの谷に住んでいます。

彼はそこの木で眠って、日付、ベリーと昆虫で生活します。彼は、服(ここに現れる写真のためにバーラップ袋を受け入れるよう説得されたが)を着ないで、ツールを使用しないで、うなり声だけで話します。

地元のベルベル人は少なくとも過去25年の間Bassouの存在に気づいていました、しかし、彼らは迷信的な恐れで彼を避けて、彼の起源に関してどんな手掛かりでも与えることができませんでした。

西側の科学者は何年にもわたりBassouにも気づいていました、しかし、ほとんどの場合、彼らも迷信的な恐れで彼を避けます。

Bassouのもののために、存在は一般的な人間の平等のテレビ宗教の本物の信者へのいくらかの非常に問題の質問を起こします。

Bassouについて心配しなければならないことなく、それは、彼らがその計画にBlacksとWhitesを組み合わせようとするのに十分難しかったです。

Bassouは何ですか?誰も、本当に知りません。
彼は、類人猿のようで人に似た特徴を示します。しかし、彼を研究した人々は、彼が人間 ― 黒人またはベルベル人 ― と類人猿(モロッコが多量を持つ全3)の間の交合の成果であるという提案を受け入れるのを嫌いました。

それでも、Bassouは明らかに特別な何かとちょうど奇形の人間でないことです。

とても長く、彼がまっすぐに立っているとき、武器で、彼の指は彼のひざの下で掛かっています;大きい、骨だらけの峰が彼の目と鋭く退いている額より上にあって;はっきりした類人猿のような特徴を全く示しているあご、歯、あごと頬骨で、彼は本物の猿人です。

[キャプション:BASSOU(地元のベルベル人によってとても名をつけられる)は、「人間」としての資格を得るあらゆる動物がそのようなその他の動物と「等しい」と主張する人々にとっての困惑の種です。]

噂が何世紀もの間ありました−それ以来ずっと、アフリカはヨーロッパの探査 ― アフリカの村を急襲していて、黒人の女性と結婚している類人猿の ― に開けられました。

このように、キングコング伝説。科学者は、これまでablでありませんでした

しかし、科学的な努力がこれまでありませんでした−主に宗教的な理由のために−実際に決定しますどうか若干の人間の亜種の間で組合−黒人は言います−そして、類人猿の若干の種は肥沃かもしれません。

雑種の子供たちを生む異種間交合の多数の他の例は、知られています。ラバは馬とロバの雑種です、そして、たとえば、ライガーはライオンとトラの雑種です。

Bassouが本当にそのようなハイブリッドであるならば−そして、彼の他のいかなるもっともらしい説明もまだ出されませんでした−そして、彼の存在は残りのネイチャーから本当の自在スパナを人の孤立の新自由主義の理論に放り込みます。

それは、我々にネイチャーの階層の連続性に向かうことを強制します。そして、それは我々をいくらかの質問をさせます。

何が人間的ですか?どこに、我々は線を描きますか?Bassouを含めようとして、彼の「人間としての尊厳」が罵倒されたかどうかについて心配し始めましょうか?

そして、我々がBassouを含めるならば−そして、彼がハイブリッドであるならば−彼の両親はどうですか?他でなく1を含めましょうか?
我々が両方とも含めるならば、我々は動物園で現在すべてのチンパンジーとゴリラを不安定にすることになっていて、投票するために、彼らを登録することになっていますか?

おそらく、我々は、人種平等の全部の神話を再検査して、現実に直面し始める必要があります。
16197e25.jpg
※YouTube
http://m.youtube.com/watch?v=g43r3QW7j7U

(上略)
研究者が再び「彼をチェックし」に行ったとき、Bassouは1970年までに死んでいました、
我々のための彼の重要性が彼の体格と頭がまだ今日存在している人間が体格と頭構造でものすごく異なるという証拠であるという事実にあります。
Bassouの腕は、通常の男性のサイズのほぼ2倍でした。※http://truthopia.wordpress.com/2009/02/26/i-science-f-the-origin-of-man-ecce-homo/
※引用。

動画だと思って見たら静止画でした。『Ape man』て?普通の人間やん。
(u_u)
酷いなあ、映画かなんかと思ってみたら、猿人間はないやろ!ふざくんな。
{(-_-)}
バッソーさんが動いて、笑ってる顔が見たかったんだけどね?もう故人なんだ…
(・⊥・)
時代がそんなだったんだろね?モノクロ画像だし、無知と偏見の時代。
(._.)
今見ればね、別におかしくない、ちょっと個性の強い、ってだけだろ?もちろん猿では絶対ない。
バスケなんて覚えたら、もの凄いダンク出来そう。
(^_^)

人のね、魂の尊厳をね、考えさせられたキャプションだったよ、
(-_-)

※合わせて読もう。

人様の家に土足で上がり込んでみましたのですにゃ
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51750830.html

キジトラ
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51750735.html

ちょっと泣いちゃったのでこれを
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51750343.html

優しい顔したライガー、3メートルの巨獣『ヘラクレス』
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51749815.html

明けまして”ゴルボルマン”
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51748072.html

サンタクロースにお願い
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51744405.html

人のいいかげんな想いなんぞ 彼の足下にも及ばない
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51743006.html

REAL・Pet Cemetery 9ヶ月後に戻った猫
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51742910.html

『ペット・セマタリー('83)』('89/文春文庫) S・キング、映画('89) 原作
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51652105.html

実家に、ヤマネコ模様の野良 現る!!その名も『ゴルボルマン』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51742661.html

ユーティ、お前にもう一度会いたくてな「お父さん、アタシも会いたかったよ」
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51742422.html

やっとパパに逢えた
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51741271.html

再会
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51739747.html

グーグルストリートビューに写っていた犬 ソーニャの10年間
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51736706.html

市長、野犬に襲われ重症
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51734986.html

お疲れ様、Zanjeer
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51734463.html

あなたにがいつも一緒にバスに乗せてくれたから覚えてるの。だって13日はあなたの誕生日だし、戻らなくちゃって思って
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51732732.html

オリーブの亡くなった日と身柄確保
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51730782.html

弟発、今日の1089(ジャック)#
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51729493.html

弟発、今日の1089(ジャック)#
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51729457.html

想いは通じた!!織姫さん、ひこ星さん、鞍手の皆様ありがとう!!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51728671.html

追記しました。再録・2013、13SHOE・高野十座 抱負 リンク貼りました
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51706735.html

その姿を決して忘れない『Dog buries his puppy in Iraq』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51727775.html

僕はゲイ犬
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51715505.html

あっちのジャックさんもやっぱり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51715413.html

秋田犬とシベリア猫
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51708286.html

可愛いライオン
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51708118.html

早く迎えに…
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51704072.html

キャプテンとジャック
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51702274.html

マムシに噛まれた犬。だってさ
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51697507.html


If you are the author of this article and do not wish to have this article printed on the 『13shoe・高野十座のブログ』, please write to us at http://13shoejiu-the.blog.jp, and we will remove the article.