958: 1/3 2006/02/24(金) 04:22:06

おかんが癌で亡くなって6年になる。
癌を見つけたときにはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、
おかんには告知しなかった。一年、騙し続けた。

私はその時二番目の子供を妊娠中。大きい腹でおかんの病室に通った。
ある日おかんが私の腹をなでて、まだ見ぬ孫の名をつけて呼んだ。
おかんの死後、丁度一ヶ月の日に娘は生まれた。
母が呼んでくれた名前を娘につけた。
すごく愛しそうに呼んでくれた名前だから、迷わなかった。

母は夢に出てくることも姿を見せることもなかった。妹のところにも。
私は、母を騙し続けたことに、とても罪悪感を感じていた。
例えモルヒネが処方されて「お姉ちゃん(母は私をこう呼んでた)、
この薬は何?」と 聞かれても、ただの鎮痛剤じゃね?とかいって誤魔化してた。
一日ずつ命が減っていく母に、それを悟られまいと必死で嘘ついてた。

母は私を恨んでる。
何の心の準備も出来ず、亡くなったのは私のせいだ。
親父は母の闘病中から娘より若い愛人を作って母のことは
全部私に任せていたので、余計責任を感じてた。
私の所に出てこなくても当たり前だよな、そう思ってた。

959: 2/3 2006/02/24(金) 04:23:15

先週、娘とお風呂に入っていると、娘がこう言った。
「ママ、私の名前はママのおばあちゃんがつけたんだよね」
ああ、話したことあったかな、と思って、そうだよ、と答えた。

「私、この名前大好きって言ったら、おばあちゃんが嬉しいって言ってたよ」
驚いた。
いつおばあちゃんに会ったの?と、聞くと、
「いっつもいるよ。ミルちゃん、って白いネコさんとお庭とかに」
ミルちゃんは、母の死後すぐに死んだ、母の可愛がってた飼い猫。
写真も家には残ってないし、娘が知る筈もない。

思わず娘に聞いてしまった。
おばあちゃん、ママのこと怒ってるでしょ。って。
娘は「明日聞いてあげるね」って答えた。

娘には見えるけど、私に見えないのが何よりの証拠。
娘のとこには出て、私のとこには夢にすら出ない。
嬉しいけど、悲しかった。

960: 3/3 2006/02/24(金) 04:25:02

でもその夜、夢を見た。おかんだった。
実家の両親の部屋で、生前座ってた椅子に座ってた。
膝にはミルちゃん。夢の中で、私は母に謝った。
ごめん。騙しててごめん。号泣した。

「……ごめんねぇ、お姉ちゃんつらかったよねぇ」
「お母さん怒ったりしてないよ?毎日病室で色々笑わせてくれて、
 楽しかったよ」

母が手を握ってくれた。
暖かかった。
一層泣けてきて、自分の泣き声で目が覚めた。
起きても母の手の感触が、体温が手に残ってた。

朝起きてきた娘が言った。
「おばあちゃん、ママとお話したんでしょ? おばあちゃんが言ってたよ。
 良かったねママ」

今も娘は母が見えるらしいけど、私には見えないまま。
でもそれでもいい。
母が傍にいることが分かったから。
もうすぐ母の命日が来る。
お墓と仏壇掃除して、母が大好きだった作家の新刊でも供えてやろうと思う。

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1130500556/
※引用。

最後の別れの時、俺は何を想うのかなぁ?と最近よく考えるようになった。
{(-_-)}
今年の正月も、俺は自分の母親とまたケンカしてそれから口きいてないから、ま、お互い何かのタイミングでまた何事もなかったかのように話すんだろうけど、
(; ̄ェ ̄)
俺は昔ほど自分の母親をそんなにキライではなかったんだなぁと最近気付いたよ、居なくなったら確実に寂しいに決まってる喧嘩相手なのは解ってきた、
(ー ー;)
でも、母親より先に逝くことになったらそん時俺は何を思うんだろ?とか考えることが多くて、母親の歳より長生き、てのは最近自信ない自分がいる。
σ^_^;
逢いたい相手は決まってるからその人にだけは会いにいくだろな?
今 付き合いの無い奴等には多分絶対会いには行かないから安心しろ、死んでまでそんなにヒマじゃない。
(^。^)
で、そうなったらなったで、お母の夢に出て毎日説教してやろうと思ってる。お母が改心するまで説教したんねん。
(^-^)
で、こう云う。「俺は今度生まれ変わったらアンタの子供では絶対生まれない。俺は今度はアンタとは全く血の繋がらない他人で生まれる」って。
(^o^)
で、「俺は他人として今度はアンタに関わって、耳にタコが出来るほど、道ですれ違っても、町内の盆踊り大会で見掛けても、俺はアンタにだけは 初対面から説教する」って云うたるつもり。
(-_-)
夢枕に毎日立って、お母の枕元で「お母は反省しない人」つー新曲を大声で歌ってやるつもり。
もう煩い、って怒鳴られても毎日毎日説教とその歌で母親を困らせてやろうと思ってる。
(^_^)
デリカシーの欠片もない一言も、思い遣りのない自分本位なとこも、子供放ったらかしで男に入れ込んでばかりいたとこも、男が学費払いたくない、アンタが居ると男が帰らないから家から出て行ってくれと言われた17になったばかりのあの日のことも、また選んだ男の殆どがクズだった、その見る目の無さも、引越しばかりでやっと友達が出来たのにまた引越ししなきゃならなかったことも、25の時 何の前触れもなくいきなり実の父親に会わせ困惑させたことも、新しい街に到着したばかりの夏休み、男が家にいて真夏に外で夕方まで家の前で時間つぶさなきゃならなかったことも、睡眠薬2瓶飲んで自殺未遂して心配させたことも、苗字変わるたびいつもイヤな思いしたことも、アンタの男に入学祝いの時計 質入れされたことも、家の中でシンナー吸うような男と一緒に居なきゃならなかったことも、盗んでもいない叔母の指輪を俺が盗ったことにしたことも、あれは、アンタの男が犯人なのアンタも叔父叔母も皆薄々知ってたろ?そしてアンタに男いない時は いつも弟と夜二人きりだった毎日も、朝飯作ったの年数回しかなかったことも、チビを保健所に引き取らせたことも、ミコが死んじゃったことも、気温高くなってきても常温で煮物を送ることも、あのことも、このことも全部……
f^_^;
説教したんねん。

書いてたらキリがない、また5頁なるわ、
(。-_-。)
それで、最後の最後に…もう上に行かなきゃならない時が来たら、俺は右肩にぶんたくん(ネコ、娘) を乗せて、「でもお母ん、サンキューな」とか云うかな?たぶん。
(=゚ω゚)ノ
大丈夫、俺が母親より先に死んだら、の話しだから、そんな事はまずないから心配しない。
(^_^)v
例えばの話しね。例えば。
(^人^)

36c8ae7c.jpg
※Source unknown. Please let me know If you have a copyright.



※引用。

※合わせて読もう。

2014年の運試し、ベアブリック(ブラインド箱)を引いてみた
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51749740.html

大切な写真を見てくれる?
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51749411.html


大切な写真を見てくれる?
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51749280.html

新撰組の街と 病院帰りの俺は
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51749330.html

俺の男飯…#(517) 天ぷらうどん と17の俺(画像追加しました)
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51748168.html

2013 / 『13SHOE・高野十座のブログ』Hall of Fame articles
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51747470.html

高野ジャック(♂雑種)、正月撮影を敢然とボイコット!!
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51747643.html

I wish you a Merry Christmas!!お母サンタから明太子
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51746925.html

これに俺歌 "GEORGEになりたかった少年"収録されてるわ
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51730016.html

追記しました。再録・2013、13SHOE・高野十座 抱負 リンク貼りました
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51706735.html