以前、ソコトラ島に生息する風変わりな木を紹介したことがあります。
その名も「竜血樹」、英語で“ドラゴン・ブラッド・ツリー”と言う、見た目もネーミングも幻想世界からやって来たような木ですが、この名前が付いたのには理由があります。
ひと目で納得のいく、その画像をご覧ください。
image
image
image
image
http://www.reddit.com/r/pics/comments/1sn2gl/the_reason_it_is_called_a_dragons_blood_tree/
※viahttp://labaq.com/archives/51812788.html
※ニュース記事より抜粋、引用。


すごいね?樹木つーよかジュラシックのキノコっぽいね?
こんなんがうちの実家の庭に在ったら、血を流す木がある、かなんかで噂になって祠が建つわ、鳥居が祀られるわ、神社出来ちゃうつの。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
で、夜な夜な妙な儀式をする方が訪れて、何か書いてあるもの打ち付けたり、髪の伸びる人形置いてかれたりして、怖いつの。
(T_T)
やっぱ樹液の赤はかなり怖い。
(。-_-。)
この"竜血樹"と、前回#73の"トルコの黒いバラ"(【花の名が判ればいいのに。#(73) 『Black rose natural 』】※http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51745044.html) と、"キンギョソウ"(【花の名が判ればいいのに。#(58) 番外編・キンギョソウ】※http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51729867.html)
が庭に花咲いてたら、確実に悪魔の棲む庭、だと思われるな?それはイヤですしおすし。
{(-_-)}


こうして植物ですら傷付けば赤い血(樹液)を流す。
人の心ならどうだろう?貴方の心は果たして何色の血を流すのか?

戦後68年が過ぎようとしている中、日本の、日本人の為に若くして散った英霊達の存在した現実を 愚弄するような真似は不愉快だと、日本人なら誰もがそう思ってると思うよ、

真実を 当時の証言の絶対数が残り少ない今の時代に決めらるものだろうか?大声を張り上げ主張する皆様は、それを自分の目の前で見聞きし、自ら経験されたのか?

では、そうではないと明らかに証明できるのか?
何もかも、過去の真の真実を窺い知ることが不可能に近いのだとしたら、その張り上げた大声に、自身で耳を傾けるのも必要なんじゃないか?

戦争で流された血は、何が真実で 嘘でも平等に赤いのだと、俺はそこを強く知ってるのでね。

これは『Dragons Blood tree』。血を流す樹。

花の名が判ればいいのに…



※合わせて読もう。

花の名が判ればいいのに。#(73) 『Black rose natural 』
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51745044.html

花の名が判ればいいのに。#(72) 木枯らし1号
http://13shoejiu-the.blog.jp/archives/51742602.html

花の名が判ればいいのに。#(71) モンローな花『Psychotria elata』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51740927.html

花の名が判ればいいのに。#(70)『Orchis italica(オルキス・イタリカ)』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51740610.html

花の名が判ればいいのに。#(68) レインボー・ユーカリ (Eucalyptus deglupta)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51740417.html

花の名が判ればいいのに。#(58) 番外編・キンギョソウ
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51729867.html

花の名が判ればいいのに。#(38) 番外編・モンキー・オーキッド
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51718698.html

花の名が判ればいいのに。#(33) モンキー・オーキッド
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715676.html

花の名が判ればいいのに。#(44) 瑠璃唐草(画像追加しました)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51720360.html

花の名が判ればいいのに。#(37) 番外編・異形の個性
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51717894.html