一家て、一家の逆襲て…次回は、レザーフェイス一族の反乱、とかなるんか?
(。-_-。)
今回は、『悪魔のいけにえ3D レザーフェイス一家の逆襲』日本語吹替版(レンタル) を観る。レビューやります。

「ドレイトンっ!!要件はわかってるな!息子のジェドを連れて出て来いっ!!」
image

物語は一作目の直後、から始まってるみたい。
(°_°)

image
image
image
オリジナルフィルムからのフッテージがOP3D化〜。それまでの経緯をみせる。
1269797f.jpg
2Dなのでボヤ〜っとしてるが、劇場ではたふん飛び出して見えたであろう3Dのタイトルバック。
『The Texas Chain Saw Massacre 3D』。
(O_O)
レザーフェイス(ジェド)が女を取り逃がして、その後街の連中がソーヤー一家を私刑する。家を焼き討ちし、一家を皆殺し。

…なんだけど、あの一家、こんなに普通だったか?と拍子抜けするほどまともな感じ。
レザーフェイスの父親の眼には狂気なく、一族の誰だか、こんなZZTOPみたいなの居たか?
(-_-)
とか、色々思ってしまう。何か違和感が…
(*_*)
因みに、その父親は、かつてのチョップトップが普通な感じの…なんなら真面目そうな父親役を演じている。
ZZTOPみたいなヒゲのソーヤー家の人は、これぞまさしくガンナー・ハンセン、オリジナル レザーフェイスその人、らしい…
(*^o^*)

昔。獲物を逃したいらだちをぶつけるかのように、夕陽を浴びてチェーンソーを振り回すレザーフェイス。
その"獲物"となるはずだった女性がテキサス州ニュートの保安官事務所へ駆け込んだことで、レザーフェイスとそのソーヤー一家の凶行が白日の下にさらされた。
血気盛んな男バートをはじめとするニュートの町の男たちは暴徒と化してソーヤー一家に押しかけ、火を放つ。
ソーヤー一家の人々は焼死したかに思われた。子宝に恵まれない夫婦によって、その場から連れ去られた赤子を除いて……。
(続く)
※俺 私物。映画パンフレットより引用。

image
「助けて…」、「この娘は預かる…もう心配ない…」ドカッ!!(顔面キック一発、赤ん坊奪われる。)
この私刑の惨劇から逃れたソーヤー家の若い母親の抱いていた赤ん坊がレザーフェイスの姪?従兄妹かな?ソーヤー一家の残された遺族。ってことなんだと。
(-_-)
何か、冒頭エルム街で、それからハロウィン展開だわ。
{(-_-)}


現代。大人に成長した、その赤子ヘザーはスーパーの精肉店で働いていた。
image
そんな彼女の元に届いた一通の書類。そこには祖母ヴァーナ・カーソンが世を去り、唯一の親族である彼女が遺産相続人であると記されていた。
自分が養子であったことを知ったヘザーには、自身のルーツを探る好奇心を抑えることができなかった。
育ての親が止めるのも聞かず、彼女は恋人のライアンや、ケニーとニッキの友人カップルとともに車で出発。ヒッチハイカーの青年ダリルを拾い、一行はニュートの町へと向かった。
(中略)
ハロウィンの日、現地で弁護士から祖母の指針と屋敷の鍵を受け取ったヘザーは、譲り受けた屋敷が大邸宅であることに驚く。
(中略)
その頃、コソ泥の本性をあらわにしたダリルは、屋敷内の金目の物を物色し、キッチンの隠し扉から続く地下室の存在に気付く。
足を踏み入れると、そこには何とレザーフェイスが!
祖母に保護されていた彼は、ここで人知れず生き続けていたのだ。
(後略)
※俺 私物。映画パンフレットより引用。

とまあ、パンフではこんなあらすじ解説。そうそう!パンフ久々高いね!アマで2000円弱してるわ。
(^◇^;)
オリジナルのパンフはかなりプレミアだけど、この3Dもかなりの価値。

オリジナルのパンフ、俺のは貰い物。3D版と合わせ大事にせねば。どちらもお宝。
(^O^)/

「家族てのはやっかいだ。血は水よりも濃いしね…」
image
image
これがその大邸宅↑レザー・フェイスの実家。
!(◎_◎;)
image
赤ん坊奪われたロレッタ、ヘザー実母の墓。敷地内に在る。
image
レザーのご尊顔。ヘザーと初対面時。
(O_O)
image
レザーの私室。
image
意外と片付いている。
image
ヘザーの彼氏を寝取る親友。酔った勢いで実はもう以前に一度やっちゃってた彼氏。この日2度目。
(・_・;
なのでレザーに襲われてもざまぁ、としか思わない。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
image
ジグソウとの電ノコ対決!のお遊びも、
(^O^)

「何で黙ってたの?仲間は皆んな殺されて、家族は街の人に虐殺されたのよ?」
「例の手紙は読んだか?」
「まだ。」
「あーっ、読めといっじゃないか!几帳面なヴァーナの事だ、全部書いてあったはずだ!」
「でも貴方、彼の事も街の事も全部知ってたんでしょう?」
「いや、まーそーだが…」
「なら あいつは誰?」
image
「.………地下室に住んでいる人間は…ジェディダイヤ・ソーヤーだ。通称ジェド。キミの従兄弟だ」

この弁護士がマトモなのでヘザーは助けられたよ。この人と保安官署長がいなかったらマジにレザー・フェイスは絶体絶命だった。
(^。^)
何しろ、この映画のジェディダイヤはなかなか正義の味方に見えた。ちょっとオツムがあれなだけで、ただひたすら家族を護る為に過剰に間違いを犯した、って設定だから。
(。-_-。)
だから、ソーヤー一族を根絶やしに、虐殺した街の住人達の"自分の正義"が果たして正しいのか?とは思えたね。
もちろんレザーのしたことは許されはしないけど、だからといって街の住人達の私刑は許されていいのか?って話。はい。
(u_u)


「愛する孫娘へ、この屋敷と財産は全て貴女に遺します。ただし、それにはいくつか義務も伴う事を忘れないで。
貴女の本当の名前は、イーリス・ローズ・ソーヤー。
ファンズワースに屋敷の鍵一式を託しました。大きな鍵はワインセラーに続くドアの鍵、その奥に鉄の扉があります。
その向こうは、あなたの従兄弟、ジェディダイヤの部屋です。
あなたのただ一人の身内です。家族思いの子で貴女を護ってくれるでしょう…
その代わり、日々の世話をしてやってちょうだい。
イーリス…貴女はソーヤー家の最後の一人。私の血は貴女に流れていますが、ここで暮らすかどうかは自分で決めなさい。でも忘れないで、貴女にとって此処が、貴女の家ということを…」


「今度は、貴女の番です…」
image

なんとも言えない映画だった。イーストウッドのイケメン息子が保安官助手?役なんだけと、うすらいけ好かねぇ役だし、

"自分の正義"もソーヤー側から見れば、完璧な悪だし、その悪に賛同するのが保安官署長だったり、
何が正しいか?つったら、自分だけの正義を貫く偽善、が ただのマヌケな自己正当化だったってことだね。
( ̄(工) ̄)

ところで、ジェディダイヤ=レザーが日本語で何か一言くらい喋んのかと期待したんだけど、【ハロウィン】のマイケル同様、一言も喋んなかった。

マイケルは終始「こーほー……」と呼吸音だけだったけど、ジェジダイヤは…

image
「うが〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」

これだけ。(T_T)


『悪魔のいけにえ3D レザーフェイス一家の逆襲』日本語吹替版(レンタル) より、画像、劇中音声より日本語台詞引用。



※合わせて読もう。

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画『死霊のはらわた(2013)』を観る
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51739907.html

読書の秋『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』を読む
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51737846.html

The Expendables 3 『エクスペンダブルズ3』にインディアナ・ジョーンズとマッド・マックスが!!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51734532.html

映画 パシフィック・リムにも
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51733648.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画(8・5)【DVD】トロール・ハンター(浄書しました)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51731865.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画─DVD】トロール・ハンター(途中)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51731242.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画А撻譽鵐織襦曠爛デ人間2
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721307.html

ヘル・レイザー・日本語吹替版、キングレコード DVD&BD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51621840.html

ハロウィン・日本語吹き替え版
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51628132.html

エルム街の悪夢 BD 吹替版 (加筆しました)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51631882.html

【ハロウィンExtended Edition】 日本語吹替版 JVD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51647282.html

『悪魔の植物人間』('74/英) 日本語吹替版 DVD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51650033.html

再録・画像あり『デモンズ』日本語吹き替え版 (地上波/TV)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51633115.html

再録・画像あり『エクスタミネーター('80/米) 』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51655630.html

再録・画像あり『バタリアン』日本語吹き替え(地上波/TV)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51632622.html

俺的『映画ベスト13くらい』(ゾンビ) を発表した結果 (前編)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51713135.html

【完全版】ゾンビ映画ベスト13くらい、後編
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51712424.html

再録・ナイト・オブ・ザ・リビングデッド的、バレンタインの過ごし方【完全版】ゾンビ映画ベスト13くらい
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51711548.html

小説版『死霊のはらわた』('13)を読む
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721984.html

リメイク版『死霊のはらわた』が観たい
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721703.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ΑBD】『死霊のしたたり』('85・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51718614.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ァDVD】『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』('11・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51716901.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ぁBD】、『アベンジャーズ』('12・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715783.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画【DVD】、『宇宙人ポール』('11・英、米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715089.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画◆撻曠蕁TV版】、『4Dマン・怪奇!壁ぬけ男』('59・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715136.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画【DVD】、『バトルシップ』('12・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51714882.html

『パシフィック・リム』(アレックス・アーバイン著、富永和子 / 角川文庫)を読書してます
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51731552.html

四角い墓場・『リアル・スティール』('11/米) 。機械は人間には勝てない。日本語吹替音声BD版
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51665097.html

俺log検索ワードランキング、最近1位多いね『四角い墓場』より
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51681334.html

再録・リチャード・マシスン『スティール《Steel》』(四角い墓場) 画像あり。
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51635638.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ァDVD】『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』('11・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51716901.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ぁBD】、『アベンジャーズ』('12・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715783.html

ジェニーの肖像
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51468172.html

ジェニーの肖像 、検証
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51469956.html

ジェニーの肖像、検証2
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51471078.html

ラ・ジュテ
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51470440.html

『妖女(ヴィイ)』(1835/ニコライ・ゴーゴリ著、原 卓也 訳/怪奇小説傑作集5・創元推理文庫('06新版)、画像、リンクあり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51599749.html

再録・画像あり『世界か燃えつきる日』('77/米) 原作【地獄のハイウェイ('67)】('72/早川書房)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51653453.html

ふくろうの河
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51476298.html

アウルクリーク橋の出来事 (ふくろうの河 原作) 光文社・古典新訳文庫、再録・画像あり。
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51645581.html

ジョニーは戦場へ行った (日本語吹き替え版)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51642191.html

禁書・ジョニーは戦場へ行った(角川文庫) 再録・画像あり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51643366.html

フリッツ・ラング『死神の谷』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51489388.html

『妖女(ヴィイ)』(1835/ニコライ・ゴーゴリ著、原 卓也 訳/怪奇小説傑作集5・創元推理文庫('06新版)、画像、リンクあり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51599749.html