昨年愛犬を失った米国のある男性は、今年になって新たなパートナーを迎えようと、引き取り手を待つ犬が紹介されているサイトを見ていた。

するとその中に、妙に心当たりのある特徴が書かれた犬を見つけ、気になった男性が会いに行ったところ、

それは二度と会えないと思っていた“元愛犬”と分かり、大変驚いたそうだ。

米紙ナシュア・テレグラフや米放送局ABC系列WMUR-TVなどによると、

元愛犬を見つけた男性は、ニューハンプシャー州ナシュアに住むジェイミ・カーペンターさん。

愛犬がいなくなった悲しみを乗り越え、再び犬と過ごす喜びを求めた彼は、今年1月に地元動物保護団体のサイトを開いてチェックしていたところ、13歳でメスのバセットハウンド犬を見つけた。

写真は掲載されていなかったものの、犬種と「ジンジャー」という名前から、彼の頭には昔飼っていた1頭の存在が蘇ったという。

カーペンターさんは10年前に離婚を経験し、当時飼っていたジンジャーという犬を元妻が引き取った。

「もう二度と会えないだろう」と諦め、妻とともに別れたはずのジンジャー。

しかし、サイトに書かれた紹介文を読んでいるうちに、まさかと怪しみつつも、まず保護団体に犬の写真を送ってもらえないか相談し、彼もかつて撮ったジンジャーの写真を保護団体へ送った。

すると、どちらの写真にも、体に同じ「3つの特徴」(米放送局ABCより)が確認でき、保護団体の職員たちも色めき立った。
image
昨年10月まで、年老いた夫婦の下で幸せに暮らしていたジンジャー。

実は、カーペンターさんと離婚した直後に元妻がジンジャーを保護施設へと引き渡した後、この夫婦が引き取って飼育していたという。

ところが、最近充分な世話ができなくなったと感じた夫婦は、ジンジャーを再び保護施設へ預け、優しい性格の彼女に早く次の家が見つかって欲しいと、職員たちは飼い主探しに尽力していた。

それでも13歳になった彼女の引き取り手はなかなか見つからず、これまで3組の希望者と顔合わせを行ったが、いずれも最終的には断られ、保護施設での生活が続いていたそうだ。

そしてようやく訪れたジンジャーの引き取り希望者に、保護団体でも期待する気持ちが高まった。

1月21日、カーペンターさんが施設へ足を運んで、ジンジャーとの対面が実現。

シーツの上で眠っていたジンジャーを、彼が声を掛けながら顔を近付けていくと、彼女は彼の顔をなめ始めたという。

その瞬間

「私たちには決して“キス”をしなかった」

という職員らは、カーペンターさんが「昔の飼い主だった」と確信。

彼もまた、近寄ってきてくれた彼女が

「私が誰か覚えていてくれた」

と確信したそうだ。

こうして10年ぶりの再会を果たした“元飼い主と元愛犬”は、晴れて再び一緒の生活を開始。

最高の引き取り手を見つけられた保護団体の職員たちも「彼らはとても幸せ」と話し、喜んで見送ったという。
image
※引用元に動画
viahttp://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54405960.html

http://news.nicovideo.jp/watch/nw532615
※ニュース記事より抜粋、引用。


よかったね、ジンジャー。(=^ェ^=) こんな嬉しい再会はないな。
(^_^)

こうしたイヌの記事を読むたび、俺は"チビ(♀雑種、犬)"の事を思い出すんだよ。
(。-_-。)

弟の父親が、パチンコ屋の駐車場の張り紙を見て貰ってきた子犬、チビの事をさ。
(~_~;)
母親は怒り心頭だったよ、昼間っから仕事をサボりパチンコ屋に居たのをこまかす為に子犬連れて帰って来たんだからさ、
{(-_-)}
一悶着あって、小学3年の俺が「どうしても」つって飼うことになって、
だけどうちでは、俺には、犬を家族として迎える資格はこれっぽっちも、微塵も無かった。
(O_O)
結局チビは、イヤがらせした裏の家のガキの手を噛んで、母親が保健所に連絡して連れてかれた。
俺が毎日散歩に連れてくとか、そんなんが一切できなくて、
弟の父親なんかもっと許せないのは、連れてきただけで後は知らんぷり、今思えばわかるけど ただひたすら酒呑んでパチンコ三昧の自分の注意を チビを利用して逸らしたいだけだったんだよ。

だから今も 申し訳ないことをしたと、俺はずっと心の中でチビに謝り続けてる。

弟の父親はクソの極地だが、俺も、母親もみんな目くそ鼻くそだったから。
(。-_-。)
今更故人をdisっても仕方ないけど、俺は今でも奴を許してはいない。これはマジに。

それと同じくらい、自分にも怒りを持ってる。
(-_-)
俺も結局は奴と同じじゃないかよ、って。
(~_~;)

だから俺は、今ではうちの家族のジャック(♂雑種、犬) をチビの代わりに精一杯愛すると決めたわけ。
贖罪じゃないけどさ、俺がうちのイヌ猫に対していちいちギャーギャーうっさいのは、チビが何処かできっとそれを見ててくれて、いつか許してくれるんじゃないかと、そう信じたいから。
(-。-;
俺がやかましくて弟には悪いけど、お前の父親がチビを連れて来たんだから、その息子のお前はジャックの散歩くらい毎日連れてってくれよな?お詫び じゃないけども。
(・ω・)ノ

…諦めずやり続ければ、愛を伝え続ければ、いつかきっとチビも許してくれるんじゃないかと思うんだ。
(^ ^)
image
高野ジャック。うちの三男。

※合わせて読もう。

再会
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51739747.html

グーグルストリートビューに写っていた犬 ソーニャの10年間
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51736706.html

市長、野犬に襲われ重症
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51734986.html

お疲れ様、Zanjeer
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51734463.html

あなたにがいつも一緒にバスに乗せてくれたから覚えてるの。だって13日はあなたの誕生日だし、戻らなくちゃって思って
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51732732.html

オリーブの亡くなった日と身柄確保
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51730782.html

弟発、今日の1089(ジャック)#
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51729493.html

弟発、今日の1089(ジャック)#
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51729457.html

想いは通じた!!織姫さん、ひこ星さん、鞍手の皆様ありがとう!!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51728671.html

追記しました。再録・2013、13SHOE・高野十座 抱負 リンク貼りました
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51706735.html

その姿を決して忘れない『Dog buries his puppy in Iraq』
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51727775.html

僕はゲイ犬
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51715505.html

あっちのジャックさんもやっぱり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51715413.html

秋田犬とシベリア猫
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51708286.html

可愛いライオン
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51708118.html

早く迎えに…
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51704072.html

キャプテンとジャック
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51702274.html

マムシに噛まれた犬。だってさ
http://blog.livedoor.jp/takanao89/archives/51697507.html