第2シーズンは秋からだね?『ファイヤーレオン』。【放送期間 2013年4月6日 - 6月22日(第1期)、2013年10月 - (第2期)(合計2クール)】
(・Д・)ノ
最近、第1話がよく俺log検索ランキング入りしてるから、レビューしときます?夏休みだし。
(^_^)
前回、バイオレスラーのジャンドレをファイヤースープレックスでからくも退けた 剛藤タケル。
脚の痛みを堪え自分の部屋で色々物思いに耽る。
(~_~;)
ゥ丱ぅレスラー・ジャンドレ(右)
image
と、番組前半Aパート、タケルを慕う(草柳ひいな) ひいなちゃんが、道を歩いていて見つけた 電柱に貼られた"世界制覇" 急募のチラシの バイトに応募すると言い出す。(唐突)

列のいちばん先頭までずけずけ割り込むひいなちゃん。そこには関西弁の、怖ーい ヤンキー姐さんが…
!(◎_◎;)
image
彼女の名は 如月ジュリア(愛川ゆず季)
image
ジャード幹部、クレイガー・シンの面接が始まる。
(O_o)

Q『ご両親は?」
A「おらんわ〜。そんなもんおったって面倒くさいだけやろ?」
image
Q「自分の性格を一言で云うと?」
A「凶暴 」

Q「シーンシンシン…んっ…では、好きな言葉は?」
A「一攫千金 」

Q「得意技は?」
A「闇討ち 」

Q「尊敬する人は?」
A「ブッチャー…」
image
Q「将来の夢は?」
A「夢!?何を寝ぼけたこと言いよん。そんなもんとっくに 捨てましたわ。(席を立つ) ほさけどぉ…やりたいことならなーんぼでもあります…」

Q「例えば?」
A「んー……例えば ほやねぇ…?なんちゃ考えんと ただ幸せそうにしてる奴等を見たら…なんかこう…さぶイボが立ちます」
image
「さぶ、イボ?」

「そう。チャウチャウ。鳥肌のこと。で そういう奴等が大切にしているものを…こう ピューってやってバーっシャーっと、めっちゃくちゃにしてやりたいんですよ…」

「なるほど。如月ジュリア気に入った!!合格!!!」

と 如月ジュリアは世界制覇のバイト面接に合格する。

ドラマ後半Bパートでは、第1シーズン総集編、タケルがこれまでの戦いを回顧。
(^。^)

「…しかし、次々とやってくるジャードのバケモノたちを相手に、こいつ(左脚) もよくやってるぜ。そう…最初に会ったのはブルザックってやつだった…」
.丱ぅレスラー・ブルザック
image
image
image

「次に出て来た奴もとんでもない奴だった…。吸血ギャラッシー。あいつに噛み付かれると、血を吸われて意識がなくなっちまうんだ…」
▲丱ぅレスラー・吸血ギャラッシー
image
「アイム、ハングリーっ!!!」
image
image
「あのとき、もしも白虎タイガーさんが助けに来てくれなかったら、ぼくはきっとやられていたと思う」
image
《サファリの戦士 白虎タイガー》
image
「ベゴベゴベゴベゴベゴ…」
image
image
と、そこへ人気のラ・ドールさん登場。

image
「私たちは、想像以上に早いタケルの成長に慌てたわ…。まさか…あんなに早くマスクを使いこなせるようになるなんて…だからジャードは、惜しげも無く最強のレスラーたちをレオンにぶつけることにしたの」
image
「その一人が、(中略) アルマジロのDNAを合体させた怪人( バイオレスラー・)ダダ・ココバット」
image
「しかし、もう少しでレオンを倒せるというところで、思わぬ邪魔が入った…」
image
《超耕21ガッター》「なんだありゃ?」

image
「負けてばかりでくやしいーーーっ!!きーーっ!!」

と、そこへもとみさん登場。彼女は実はジャードの手先。

image
「初めてあの人に会ったのは、2013年2月19日…フッ(笑).…雪が降ってたわ…」
image
《超神ネイガー 》
「超神ネイガー…。超カッコいい…秋田のヒーロー…」
image
「へばな!!」
(いや、本当にこのシーン、取って付けたかの様に唐突だった。私感)

「それはさて置き、ジャードが送ったバイオレスラーを次々と倒し、どんどん強くなってゆくタケル。私はそんなタケルから、レオンのマスクを奪い取る計画を立て、比山を利用しようと思いついた…。もちろんそうしている間も、ジャードの最強レスラーたちは、レオンの息の根を止めようと、得意の必殺技を繰り出していた…」
image
ぅ丱ぅレスラー・アイアンジース
image
「でも、またしてもレオンに味方する、モノ好きなやが現れたの…」

「そうはさせん!!とりゃっ!!」
image
《岩鉄拳チャグマオー》
image
「危ないとこだったなあ…もう少しでそのアタマを握り潰されるとこだったぜぇ?」

このドラマ 女子力高いね?美人じゃないんだけど なんか可愛いらしい、って女優さんが大挙出演してる。
image
「仲良しっ!!」

ただなんとなくウケ狙いだけで差し込んであるシーン↑、って訳じゃなく、後々生きてくる前振りだから、
その後、1話に比べると かなり本は練り込まれたんじゃないかな?いや、つまり面白く成ってるわ、はい。
(^O^)/


「どーしたんだろ?ひいな…(中略)まったく、手のかかる妹なのよー…」
image
草柳ユウ(ひいな姉、右)、と店員さん?彩香。
この場面も、いつかどこかと繋がるのだろうか?
(^。^)
街を歩くタケルとひいな。偶然通りかかった居酒屋ののれんをかき分け一人の超神が声をかける。
(°_°)

image
「あのぉー、ちょっと道ゆくお二人さん?この辺りにファイヤーレオンさんがいらっしゃると聞いたんですけどー、お二人はご存知ありませんか?」
image
(中略)「あなたは?」
image
「俺は、東北の地に光を取り戻す、東北合身 ミライガーっ!!!」
image
image
image
《東北合神ミライガー》
「ぼくはこの後、怪人達が待っていますので。では!!!」

戦いに向かうミライガー。この総集編では、戦闘の主役は、レオンではなくこの方が担った。
( ̄O ̄;)
image
「今日は吉祥寺で、お仕置きだっ!」
image
「必殺!!東北合神ソードっ!!!」
image
「とうりゃっ!!」

これ、アレだね?ちょっとしたご『当地ヒーロー大戦』って色合いだね?

各ご当地のヒーローが、ファイヤーレオンのピンチに駆けつけ、レオンはレオンでご当地ヒーローとの共闘から闘いを学び、戦士として成長していく訳だから、

第2部でその関わりが更に増せば、このドラマは特撮ヒーロー界に一矢報いることになるんと違う?

どっちにしても、レオン、ご当地ヒーロー、プロレス、アイドル ファンにはたまらない番組ではあるよ、たぶん。

で、ミライガー戦いの最中、物語りはエンディングへ…
「(中略)…まだ紹介していなかったなあ。ジャードの新たなる幹部候補、如月ジュリアだ…」とクレイガー・シン。
image
「世界制覇、上等っ!!…よろしく頼むわぁ…」。

エンドロールでは、突然ひいなちゃんの靴紐が切れる。

「お姉ちゃん、何もしてないのに靴紐が切れたの。何かきっと、新しい障害が私たちの前に襲って来そうな気がします…」と、メール。

これでさっきの「手のかかる妹なのよー」と繋がるわけか?なる程。
d(^_^o)


セカンドシーズン ダイジェスト予告編
image
image
この、レオンの黒いマスクを持つ、タケルそっくりの男は何者?
image
「この時が来るのを待ってたよ…」

つづく…


あー…総集編きつかった。まさかこんなにてんこ盛りとは…
v(^_^v)

※個人契約 有料ケーブルテレビ放送より、音声セリフ、画像引用。



※合わせて読もう。

ファイヤーレオン、第1話
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51718369.html

新日ヒーロー・ファイヤーレオン登場!!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715604.html

ザ・コブラ(G兄) 現る!!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51713304.html

烈風改とアステカイザー#15
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51715911.html