大変珍しい映像です。北海道のオホーツク海に近い西興部村の山の中で、全身が白い、非常に珍しいヒグマが撮影されました。

今回撮影された全身の毛が白い「ヒグマ」です。体長1.5メートルほどの子グマとみられます。

「びっくりしました。クマだと分かったけど、まさか白いクマが本当にいるとは思わなかった」(撮影した 黒沢徹也さん)
0045bafa.jpg
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5345269.html
※ニュース記事より引用。


かわいいなー、傍から見てる分には…

でも、実際に近くに来られたら身の危険感じるよな?
!(◎_◎;)
アルビノなんだろうね?珍しいと思う。
(O_O)

66362f31.jpg
《モノス》。※謎の未確認生物UMAミステリー(南山宏 監修、双葉社) より。

南米の北部、カリブ海に面するベネズエラには、モノスという獣人が棲息するといわれてきた。小さい頃少年誌などでたびたびみたあの有名な「ロイの猿人」だ。全身が毛で覆われ、腕がかなり長く、攻撃的な性格で人に襲いかかる。

その存在の根拠となったのが、1920年にスイスの地質学者フランソワ・ド・ロイが襲撃を受けた事件と、その時の写真である。

ロイはその3年前から、コロンビアとの国境に近い原始林地帯で鉱油の調査を行っていた。

そんなある日のこと、身長1.5mで毛むくじゃらの獣人2頭が、木の枝をふりかざして襲いかかってきたのだという。

これに対し、ロイは銃で反撃。1頭を射殺し、写真に撮った。もう1頭は逃げ去ったと伝えられている。
(後略)
※謎の未確認生物UMAミステリー(南山宏 監修、双葉社) より引用。

この本↑によれば、結論は捏造なんだそうな。クモザル、ってことで決着させたいみたい。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

でもでもでもでも…去年の、中居くんの番組でこの《モノス》らしき猿、しっかり映像に捉えられたかんね?
!(◎_◎;)

確かに150cmくらいの身長でさ、腕なんか太っとい太っとい!!この写真そっくりだったよ、マジに。
(@_@)

【増補版・未確認動物UMA大全 /'12、学研】並木伸一郎 著 (カリフォルニア・グリズリーなし) &中居くんの番組『モノス』発見か?!
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51649090.html

てことで、《ヒグマのシロクマ》なんてのさえ実在すんだから、それこそ《クモザルのデッカい種》が居たとしても別に不思議じゃないよね?
( ゚д゚)

《モノス》らしきデッカいクモザルは確かに存在しております。(上記logに詳細)。
(^O^)/



「ヒグマのくせにシロクマてか?珍しい熊もおったもんじゃのお…」
59a82e60.jpg
※Source unknown. Please let me know If you have a copyright.
「は?ワシゃきちんと大人熊料金210円 払って乗車しとるよ…」(by 熊)
※引用。


※合わせて読もう。

再録、カリフォルニアグリズリー!(俺log検索ワードランキングより) 画像あり
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51288532.html

続・カリフォルニア グリズリー
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51621879.html