あれ?これ時間軸おかしくねえかな?関係を見たからその後手紙でチクった、んじゃなかったの?メールじゃないよな?
(O_o)

なのでちょっとお母んが乱入してくる展開が早くない?なんか…
{(-_-)}


俺はまだ、子供だったのだ。誰かを救えるほどの余裕を持った、大人にはなりきれていなかったのだ。

といった感じのリメイク版『死霊のはらわた』('13)の小説(TO文庫、鏡 貴也 著)、のレビュー。
(*^^*)
d5dbd636.jpg
こないだ劇場パンフで「この映画観てー!!」と記事にしたばかり(検)、とりあえず小説を先に読んで内容を把握しとこうと…
^ - ^
久しぶりだわ、この手のlog。
(^.^)

【TOブックス】っていう新しい出版社?の初弾ラインナップの一冊みたい。

こうした映画の小説を日本人が描く、のは翻訳は多いんだろうけどあまり知らない。

で、一言で云えば?読み易かった。翻訳独特の特異な言い回しも無いので、普段使いの日本語がどんどん入って来て、当然日本人として明らかに解りやすい。一日でサッと読めちゃう。
^o^


だいたい、こんな理不尽なこと、許されるはずがないのだ。昔からあたしはお姫様で、男の子たちにちやほやされた。当然だ。あたしは、他の女たちより断然、綺麗だったからだ。

告白なんて数え切れないぐらいされてきた。男にモテなかったことなんて一度たりともない。だからあたしは、大切にされるべきなのだ。特別なはずなのだ。

なのに。なのになのになのに!
「いったいどういうことなのよこれは!」

どんっと、ハンドルをたたく。アクセルを踏む。ジープが石に乗り上げる。衝撃でお尻が痛い。最低。あたしは舌打ちした。

デビッドは、あの田舎者はおかしい。間違ってる。誰より大切にされるべきあたしが、付き合ってあげただけじゃなく、婚約までしてあげたのに。

あいつは何を勘違いしているんだろう。別にあたしは、あんたを選ばなくてもいいのに。あんな奴に、たいした愛情なんてないのに。なんであたしは、あんな奴と婚約なんてしちゃったんだろう。

きっとデビッドと付き合う前の恋人のせいだ。お金は持っていたけれど、プライドが高くて、扱いにくかった。このあたしに気を遣わせるなんて、何様のつもりだったのかした。だから別れた。こっちから捨ててやったのだ。

だけど、直後に出会ったデビッドは、違った。(中略) そこそこ良い会社に勤めていたし、何より身の程をわきまえていた。あたしが美人なのか、どっちが格上か、どっちが相手に尽くすべきか、あいつはちゃんとわかっていた。だから選んでやったのに。
42a81927.jpg


とか、こうした人間のエゴ、性(サガ)を抉(えぐ)り 掻き回す文章が心地好い。俺の知る連中の事かと思た(w)。
(e_e)

で、そこは名作『死霊のはらわた』、肝心の"死霊"はどんな描写か、つーと、
(O_O)


気づけば私は、ミアに押し倒された姿勢で、彼女の顔を仰ぎ見ていた。

目が合う。ぞっとするような、闇を閉じ込めた瞳。

次の瞬間、ミアはカパッと大きく口を開いた。

口から何かが溢れ出てくる。私の顔をめがけて、バケツをひっくり返したみたいに大量の、赤い液体が浴びせかけられた。
「なっ、なに……げほ、ごほ」

臭い。鼻をつく鋭い悪臭。吐瀉物を吐きかけられたのだ。血が混じっているのか、真っ赤な吐瀉物だった。その吐瀉物が、口の中に入ってしまう。咳とともに、飲み込んでしまう。最低だ。
faa7a4ef.jpg


「痛いわエリック!首が、首が首が首がー!ぎゃははははは!」

オリビアの振るった火掻き棒が、エリックの背中を直撃した。

エリックが苦悶の声を上げて、前のめりに倒れる。なおもオリビアは、火掻き棒を振り上げた。

俺は倒れたエリックを引きずるようにして、オリビアから距離を取る。

「ひどいわ!ひどいわエリック!自分は殺されたくないのね!私のことは殺したくせにぃぃぃぃぃぃぃぃい─────────────────!ぎゃははははは!」

※TO文庫『死霊のはらわた / 鏡 貴也 著』より文章抜粋、引用。(俺私物)


登場人物それぞれの描写が細かく感情移入しやすいね、ラストシーンなんか強くなれる結末で好感。

こうした評価、なんてのは後年真逆に変わることも多々あるから怖いんだけども、俺的にはこのホラー界のアイコン、米映画『死霊のはらわた』を日本人がノベライズ化してるにもかかわらず好きだわ、あっさり軽い感じで。
(^O^)/

パンフ、小説ときて、映画行くかなあ?レイトショー…
(^○^)

独りでレイトショーなんていつ以来?どーしよっかなあー?
(^人^)

というわけで、その他詳細は文庫本編をお読みください。
m(_ _)m

いや、よかったです、カンタンな小説で。
(*^_^*)


※合わせて読もう

リメイク版『死霊のはらわた』が観たい
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721703.html

ヘル・レイザー・日本語吹替版、キングレコード DVD&BD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51621840.html

ハロウィン・日本語吹き替え版
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51628132.html

エルム街の悪夢 BD 吹替版 (加筆しました)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51631882.html

【ハロウィンExtended Edition】 日本語吹替版 JVD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51647282.html

『悪魔の植物人間』('74/英) 日本語吹替版 DVD
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51650033.html

再録・画像あり『デモンズ』日本語吹き替え版 (地上波/TV)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51633115.html

再録・画像あり『エクスタミネーター('80/米) 』
THE EXTERMINATOR・日本語吹替版
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51655630.html

再録・画像あり『バタリアン』日本語吹き替え(地上波/TV)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51632622.html

【完全版】ゾンビ映画ベスト13くらい、後編
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51712424.html

再録・ナイト・オブ・ザ・リビングデッド的、バレンタインの過ごし方【完全版】ゾンビ映画ベスト13くらい
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51711548.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画ΑBD】『死霊のしたたり』('85・米)
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51718614.html

俺なり鑑賞レビュー 吹替映画А撻譽鵐織襦曠爛デ人間2
http://blog.livedoor.jp/takanao89/lite/archives/51721307.html