アフガニスタンに派遣されていた駐留米軍兵士のジェシー・ノット軍曹は、戦場で1匹の猫と出会った。

いじめを受けていた猫を最初に救ったのはノットだが、その後この猫に大きな恩返しを受けることとなる。

この猫のおかげで、一度はあきらめかけた自分の人生を再び歩むことができるようになったのだ。

 ジェシー・ノットは、南アフガンで兵役についていた時、基地に見慣れない子猫がいるのに気づいた。

「子猫は小さくて、基地を走り回っていて、とてもかわいかった。みんなで彼をかわいがったんだ」と振り返る。

ところが、子猫が大きくなるにつれ、しだいに誰からも相手にされなくなった。そしてついに、猫がいじめられているところを目撃する。

 いじめをやめるよう忠告したノットは、そこで決心した。自分の部屋でこっそり飼おうと。

兵士がペットを飼うことは禁止されていたが、ノットは、ステーキの切れ端で猫を誘い込み、自分の狭い部屋にかくまった。
2cbd3c18.jpg
 ノットは猫にコシュカというロシア名をつけた。皆に隠れてコシュカの面倒を見ていたノット。しだいにコシュカとの深いきずなが育まれていった。

 そして絶望の日がやってくる。2011年12月8日、ノットのいる基地近くで、軍の護衛隊を狙った自爆テロがあり、ふたりの戦友が死んでいった。

戦場では常に死が付きまとう。わかってはいるが、昨日まで元気だった戦友の死を目の当たりにしたノットは強烈に打ちのめされた。目の前が真っ暗になり絶望が支配した。

 悲しみに明け暮れ、部屋で男泣きしていたノット。

そんな様子をずっと見ていたのだろう、コシュカがポンっと膝の上に乗ってきた。そしていつもと同じようにジャレついてきた。
09fed6d5.jpg
このコシュカの行動で我に返ったノット。コシュカが前に進む勇気を与えてくれたのだ。

「突然、コシュカがやってきて、こんなふうに言われたような気がしたんだ。“君は君だよ”って。」

 ジェジーは思い起こす。「ぼくは深刻なうつ病になりかけていた。そんなとき、コシュカが元気をくれたんだ。もっと、前へ進めって。決してぼくを自暴自棄にさせず、いつも通り、彼の世話をすることを思い出させてくれた」

 ノットには、これ以上コシュカをここで飼えないことはわかっていた。かといって外に出せば、またひどい扱いをうけるかもしれない。ここは危険だ。

考えあぐねた結果、現地の通訳の人に相談した。

するとその人は、自らの命を危険にさらし、猫をカブールに連れて行ってくれると申し出てくれた。

1匹の小さな猫を、戦地で移送するということは大変な困難が伴う。それでも彼はアメリカ人の為にそこまでの犠牲を覚悟で連れ出してくれるという。
0ad1c4e9.jpg
 コシュカは無事カブールに脱出することができた。ノットの両親は3000ドルを支払い、コシュカを中東から、オレゴン州のポートランドに引き取っていった。

 「コシュカはぼくの救世主なんだよ。一度は死んだぼくの心を生き返らせてくれたんだ。」ノットは任務が終わり、またコシュカと再会できる日が待ちどおしくてならないという。

 今コシュカは、アメリカのノットの家で元気に暮らしている。


http://www.buzzfeed.com/summeranne/in-afghanistan-a-cat-and-a-soldier-save-each-other

原文翻訳:konohazuku


http://karapaia.livedoor.biz/lite/archives/52122326.html

※ニュース記事より引用。



ノットがこのコシュカに救われた、というのなら、それは彼がしてきたことが返ってきた、ということ、
(=^ェ^=)

気が付いたら、無意識に求めてばかりだったのに、そんな無意識があるなら、気付けば与え続けてた、そんな無意識だってある…
{(-_-)}

コシュカもノットも、互いを与え続け、 互いに求められる存在となり得た。それも皆んなから。この現実の世界から…
(^_^)

死と背中合わせの戦場での話しだからね、心も震えるだろう…

小さな命を護ろうとした彼の為に、コシュカを護ろうと戦地の現地の人が尽力したとしても、それは苦難だけど、苦痛ではなかったろう。

有料なのは致し方無いとして。

与え続け、叶った現実、ってことか。


生きて戻れよ、ノット軍曹。コシュカが待ってる。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ




「君が僕に幸せをくれたから、僕も君に幸せを贈りたいだけなんだよ…」
7f96c4b2.jpg
※from Internet

※画像引用。