いつまでも美しいと思える恋愛は、いつまでも相手を思いやる気持ち、その上にしかなり立たないものだ…
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

後悔する様な相手を選んでしまった自分には見る目がない、ってことなんだけど、

己を持たない人間が、気持ちを成就させようとか思うな、

うまくいく、いかないは、うまくいかない事を乗り越えたその先に在るのに、

都合よくダメな理由にすり替えられ乗せられて、

じゃあ、"アナタの為に"というその痛み止めを飲んだらそれでうまくいったのか?って話し。

なんなら、ダメな時期を乗り越える絶好の経験、二度と痛まない完治、を目指すことなく自らその先を見ることを放棄したのだから、そりゃその後も定期的に痛み出すループしかないよ、確実に。

イヤな事から逃げ出すやつは、否ごとの手前を永遠にぐるぐる巡ることになる、ってこと。

だからしてることが、場所が変わるだけで、本質は何も変えられない。変わらない。

俺が同じこと、現状維持を願うのは、守るものにがんじがらめに縛られる脚飯(あしめし)な周囲、を気遣ってのことだったし、

今、独りじゃなくちゃならないと思うのは、その現状を嫌うからに他ならない。

誰かが側にいれば、そっちを考えて動かなきゃならないし、でもそれは俺にとっては、檻に入れられた動物、みたいに思える 現実!だから、

最初から夢なんて見るな!初っから夢なんか思わないことだ。

その人は、痛みをずっと回避しながら、病巣を抱えたまま永遠にループし続けるしかないだろうね、

その場所を、位置を守る為に、痛くなりそうだな、と感じたら医者を変え、痛み止めのクスリを増やし…

永遠に克服できない痛み、から定期的に逃げ回り続けるだけ…

1aa1595f.jpg
その先に何があるかなんて、この線路の次の駅に行ってみなくちゃわからない、

どうやったら痛みを克服できるか、は その激痛の先に "経験" として応えがある。