GW、どちらにお休みに出かけた?
d(^_^o)

家でゴロゴロ?それもありだよね。たまにはどこにも出ないでゆっくりしたい、とか絶対あり。
(=^x^=)

普段 じっくり見ない、気に留めないものをしっかり観察したり…ぼーっと…ただひたすらぼーっと…
(^。^)

俺は、最近はウルトラマンの怪獣『ゴモラ』がやたらと好きで、ソフビを手にとってはぼーっと観察したりする。

#26、27の「怪獣殿下」前・後編に登場する有名な怪獣なんだけど、近年も【ウルトラ怪獣バトル】で、「行け!ゴモラっ!」なんて、怪獣の中でも 主役やってたりするから、その人気の高さも伺える。

だからここんとこ『ゴモラ』logるね、バンダイのソフビ怪獣の記事…

『旧型』硬質・焦茶、軟質・茶、『パワードゴモラ』、『マックスゴモラ』、『EX』、『メカ』、『レイオニックバースト』、『現行#2』、『ウルトラシティ版』、『FAC当選版』と…綴ってきた気がする。

したっけ、あと一体だけ、忘れてた奴が居て…【怪しい隣人】HP見てたらその存在に気付いたんだよ、

『二枚タグ#9・ゴモラ』ね。(^O^)

これは絶賛した、咆哮顔『ウルトラシティ版』と身体は同じ。頭部が『現行#2』と同じなんだね、たぶん。

体色は焦げ茶で、キャラメル色の『現行』よりしまって見える。いちばん本人のイメージに近い、そんなver.。

ノーマルはこいつがいちばんカッコいいのかも…
(^_^)

こうやって見てくと、系譜、歴代、どれを思っても完成されたデザイン、てのが普遍なんだと実感する。

普遍で不変。(^ ^)

ゴジラに通ずるものがあるよね、ゴモラにも。その姿もだけどゴジラ同様、鳴き声なんかも耳をついて離れないし、名作に名音あり、だわ。

鳴き声、つったけど、俺のむしゅめしゃん(娘さん) ぶんた君(♀猫) なんか、初めて出会って当時の東練のアパートに連れ帰って…

したら、こんな 掌に収まるくらいの身体のサイズだったのに、何か目的地…行き先が本人にはあったんだろうね、

部屋に入れて 暫くしたら…野太い汚ったない野良猫声で「あ〜お〜」とか鳴いちゃってさ、

でも…風呂入れて、ご飯何が好いかわかんないから、コンビニのありったけの猫缶並べて 食事させたら落ち着いたか、毛づくろい始めて、トイレもきちんとして…

それでもまだ母親とか捜してたんだろか?時々「あ〜お〜」って汚ったない声で鳴くわけよ、

で…一緒に寝んねこしよ、つって何日か後に、あのさ ぶんた君、「もう絶対一人にはさせないから、今日から可愛い声で鳴いてくんない?」ってお願いしたんだよね、

したらそれ以降一度たりとも汚く鳴くことはしなかった。亡くなるその日まで。

あの日、きっともう…お母さん猫は捜さない。って決めてくれたんだろな。

俺はいつも、その声で誰かを見ることが多くて、どんなに容姿が美しくても、声が汚いと興味を失ってしまう。

声の美しさは、心の綺麗さ、だと思ってるから。

それは作られた声じゃダメなんだよ、ありのまま、普段の声。

どっか心の曇った人間は 声がこもってると感じるし、印象に残る声じゃないな、と思う人間は、大抵 歌を知らない、歌をナメたとこあるし。

特徴が在るのとはまた違った、いつまでも忘れない、ずっと聴いてたい、そんな声のこと。

渋谷で働いてるころ 交差点で、あ?あいつの声がする、て時があったよ。キョロキョロ捜したもんな、絶対そうだ!間違いない、って…

いなかったけど。
(; ̄ェ ̄)

ずっといつまでも耳に着いて離れない、って声の人は…男女問わず…どこかいつも愁う想い出を纏っていて、忘れようにも忘れないもの。

人を平気で裏切ることの出来る人間の声だけは…

どう思い出そうにもいつも口パク。