ちょっと、期するとこあって何十年かぶりに、昔の 南池のアパートを見に行ってみた。

そこに辿り着くまでの街並みは、何もかも変わってて、当時の面影も少ししか残ってなくて…

でもまだ在ったね。アパートは。

俺の居た部屋に人は住んでないみたいだった。

下の左…萩ぃの住んでた部屋も同じ、2人が居た部屋には、住人はいないみたいだった。

ケンカしたり、仲直りしたり…萩がさ、昼頃下から小石投げんだよ、

窓にカチッカチッと小石が当たって鳴って、その窓側にベッド置いてたから、寝てると丁度いちばんハッキリ分かる…

何だ?イタズラか?と思って窓開けると萩ぃが、
「おい、高野ぉ、飯行かない?おごるからさぁ〜?」って…

ケンカしたばっかりだと俺も怒ってるから、そん時は無碍に断るんだけど、また次の日も、その次の日も…

しまいにゃ、俺も根負け、つーか、俺も本当は仲直りしたい訳だから、三日目辺りになると…
「おぉ…分かった。今行くわ」とか斜に構えて降りてったりしてさ、

大喧嘩したすぐ後でも、そんなんでいつも2人、下のラーメン屋で炒飯喰って仲直りして…

萩はさ、同じアパートに居た訳だから、別に玄関のピンポン鳴らせば良いだけの話なのに、喧嘩の後は毎度そうやって小石をぶつけて、窓の下から声かけてくるのよ…

でも 奴が何でモテたかよく分かる。うん。
(~_~;)

いつも萩のその手で 、喧嘩は無かった事になって、また毎日毎日2人してバカな事ばかり 朝から晩までやってたわ。
(T_T)

バイトも一緒だったから…そこ終わって、朝方4時頃まで呑んで…ベロンベロンに酔って…

「高野ぉ〜俺さあ〜今からリカちゃんとこ行くべ〜」って、横断歩道の真ん中で立ちションしながら「じゃあな」って別れてさ、

しばらく行方不明になったかと思えば、何の連絡も無いまま、2〜3日後にひょっこり顔を出して…
「高野ぉ〜俺さあ〜リカちゃんと同棲するべぇ〜」って戻って来たかと思えば、

もう、その一週間後には、
「高野ぉ〜、俺 リカちゃんと別れたべぇ」って…

まさに青春ど真ん中、バカ真っ盛り、な俺たち2人だったよ。

そんな萩ぃは、元気でいるのかなあ?俺は他に別に何も望まないから、奴にもう一度会いたいよ…真剣に。

かけがえのない友、てのは、親友てのは、親兄弟と同じ、喧嘩しても、また一瞬で仲直りできる、そんな血の繋がりと同じ、不変の存在を指すよな。

ただ通り過ぎてく…ただの知り合い との 決定的な違い…

…短期間、俺もそこで同棲してた時代もあってさ、酷い想い出もあったりのアパートでもあるんだけど、
それを差し引いても、夢が一杯詰まった、ステキな、最高の恋愛もいっぱいした、親友と究極のバカやってすごした、そんな場所だったんだよ。

でも、いつまでも、青春はしてらんないんだよな…

いつか必ず、大人にならなくちゃいけないみたい。

変わらぬ佇まいのまま、そのアパートはひっそり建ってて、
どの窓にも灯りは無く、人の気配も無い…

時間があの頃に戻ったかの様に、何も変わり無くて…

小豆色した壁も、鉄の階段のサビも、ポストの位置まで、なにもかもあの日のままだった…

時間が止まったかのように…

「おい、高野ぉ!」って、萩が窓開けて、声をかけてくんじゃないかと…

んなわきゃないか。(-。-;

明日また行ったら、そんなアパートはとうの昔に取り壊されて、もう随分前からなかったりして…
!(◎_◎;)

あまりにも、あの日のままの、昔の…我が青春の…想い出の…アパート。

不思議な、空間、ひと時、時間だったよ。

俺が、高野十座が、まだ高野十座じゃなかった頃の…

そんな時間。

また今度、あのアパートに行く勇気は無いわ。

怖いよ。

なんだか…(-。-;

…過去はやっぱり振り返るものじゃないんだろう…
(^_^)

それはきっと間違いじゃないね。
(^^)