え〜っ!デージなってるー!!!
(◎_◎;)

『琉神マブヤー2』の主人公の人変わっちゃってるやん!!

オリジナルのマブヤーはお笑いの人だったの
ー?

あの薄い細い一重の彼の、
何処か頼りない、線の細さをだんだんと克服し、
戦士に成長してく様が…様が…

俺にはなにしろ 好かったのにぃ〜
(; ̄ェ ̄)

"2"の主人公カナイは…いきなし何?

これじゃ… 菊田早苗(検) やん。
(T_T)

子供達は納得したの?感情移入でけへんやろ、
!(◎_◎;) 特に俺も!

ま、きちんと殺陣、
アクションの出来る俳優って事でキャスティングなったんだろか?

しかし、ごっつ過ぎんか?
ヽ(;▽;)ノ

ただ、2になってパワーアップはしてるね、カナイの兄ニライも、
演者違うけど(こちらもゴリゴリ) 、『龍神ガナシー』として出てくるし、

三人目の戦士として、2では#1から出てくる
ヒロイン ナミが、
『凰神カナミー』へと変身するし…

ナミは、ビジュルゾーンへ飛ばされ絶対絶命のピンチの時、凰神(おうじん)カナミーへと変身、

「凰神カナミー!」

「えー、またニライカナイからうんこたれが来たよー」と"ハブクラーゲン"。
「いいかげんにしてー…でも、よく見たら可愛いねぇ」…

カナミーは、ライダーの様な大きな複眼を持ち、白柿(赤?)の配色で背中には凰の文字。

ここに3人の戦士が集う。(11話)

「マブヤー、ガナシー…」…
「…てかナミ、いつから?」とマブヤー
「今。」
「今かよ、ってことは3人目?」
「うん、3人目。」
「マジで?」
「マブヤー!」、会話を遮り、戦うぞと声をかけるガナシー。

「待って、ここは私に任せて」と二人を制すカナミー。

必殺技を解く二人。
「ガナシー…」「あぁ…」

「どうぞどうぞどうぞ…」(揃いで)

面白い。(^O^)v


しかし、前作から演者変わらず嬉しい ヒロイン、クレアの出番が減ったのは何故?

お師匠さんとか、おばちゃんとか、
好い味出してた人達も、続けて出演してて嬉しいのに…

しっかし…主役 変えるってか?
(; ̄O ̄)

びっくりだわ、琉神マブヤー2(たーち)。

あらすじはTV、DVDで観てね、割愛ごめん。

…前作で実におもろかった、
マジムン軍団(ショッカーみたいな悪の軍団。沖縄限定) の、
首領『ハブデービル』まで何故オミットされた?ボスなのに…

と、思ってたら出てきました(最終回)。

サプライズゲストや!なかなか分かってらっしゃる…

「シャーシャーシャーシャー、おーい、デージなってるぜぃ?ビジュルゾーンが、開いてるぜぃ?」

と、あれ?

これは…ガレッジの"ゴリ"やんけ?
!(◎_◎;)

ウケる。( ̄▽ ̄) けど演者がまた違う…

と 唐突に、"ゴリ"の"ハブデービル"が、ビジュルゾーン消滅のキッカケをつくり?(なんでや)

3人のニライカナイの勇者の放つ、必殺合体技が決まってハッピーエンド…

この物語は【琉神マブヤー3(みーち)】へと続いてる、らしい…


マジムン達の台詞ね、例えば…

「人間と同んなじ、
きれいごとばかり言って、結局自分のことしか考えていない…」
と"ヒメハブデービル"…が言うんだけど、

随所に【人間】【人間共】と出てくんだけどさ…

この物語りの観方としては、

マジムンの言う人間、を日本人、に置き換えたら、
沖縄の人達が、何を云わんとしてるのかよくわかるのかもしれない…

時々 耳に痛いもんな、そーやって観てたらさ

(; ̄ェ ̄)

ところで【琉神マブヤー】好きで、昔 一度Log.ったっけ…?

なんか、スゴく心に響く、いちゃりばチョーデーな特撮ドラマ、だと感じてて…

そうね、
同じ沖縄県人の金城哲夫さんが描いた『セブン12話』の伝えたかった部分が、

このマブヤーにも存在する様な気がしてならないからだね…?きっと。

それが、
高野十座がマブヤーをLog.る理由。
ヽ(´o`;


そうねぇー!
俺がこーまで言って、マブヤー観ないアナタ
!!(^O^)/

「いったーむる たっぴらかするよー!!」
(^_-)