☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
夏になると 秋よりも、 観たい!読みたい!!の欲求が強くなる気がする。
(*゚∀゚)

観たり読んだりしてれば 頭に音が鳴るから、あまり 聴きたい、てのはない。
(・◇・)ゞ歌手だけど。
(そ〜なのぉ〜?/by イッテQの人)

その 観たい!のひとつが、3年ぶりに、復活。なんか嬉し過ぎる…
(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)

『ファイティングTVサムライ』。(^O^)/

ここには、10代の頃の自分や、G兄や、ディッキー、三沢選手 が居るからかな?
なんだかやる気を取り戻す、元気になる…。

だけどもう頼まれても、絶対に 死んでも "全女" だけは録らない。マスク被ってる選手だけ好き。。

『JINー仁ー』はコピってるよー、大切な皆んなが喜んでくれるから、あと少しで完結。
( ̄∠  ̄ )ノ

コピーワンスなんだね、外にダビング出来なくなってんだ、サムライも。
でもうちの機材でいけた。よかった。
ヾ(コ⌒ピ⌒ー)ノ

と まあ、三年ぶりの、俺!サムライ復活ニュース。
俺の部屋に直接、スカパー来てる訳じゃないんだけど。
(。・ω・)ノ゙

8月には、オールスター戦もやるしね、こりゃ見逃せない。
v( ̄∇ ̄)v

他にも映画!『マイティー・ソー』とか『キャプテン・アメリカ』とか、観たいのいっぱい!!


.。o○o。.★.。o○o。.☆
もうひとつ… 読みたい!となると…それはかなり難しいかな?

ブラヴァツキー夫人(H.P.Blavatsky 1831ー1891)の、1888年の著書、
『ヴェールを脱いだイシス』

ロシアの貴族の家に生まれ、4歳の頃から心霊現象を生み出したとされるブラヴァツキー夫人。

※…1888年、彼女はあらゆる宗教の根源にある古代の奥義、宇宙人と人類の根源を解説した、『ヴェールを脱いだイシス』という1300ページを超える手書きの原稿をわずか2年で書上げた。そこには世界中の約1400種類以上に上る文献からの引用があり、中には当時すでに入手不可能となっていた幻の書も少なくなかった。たとえばチベットの謎の古文書やアトランティスの神官がその叡智を後世に伝えるために著した世界最古の書物といわれる『ジャーンの書』などである。彼女は機械のような正確さとスピードをもって、世界中の書物から引用が可能だった理由を、チベットで接触した高次の霊的存在が「その都度必要な文献を示してくれたのでそれを書き写すだけでよかった」と語っている。


この方の著書『ヴェールを脱いだイシス』、『SECRET DOCTRINE』は、日本版翻訳出てんのかな?

何が凄いって、手元にない古代の幻書から引用した、って…

なにそれ?

アカシックレコード(霊的記録)にアクセスした、ってこと?

それでも なにそれ?

情報求む。(ー?ー;)

この世の中には、未知の叡智、てのがあるんやね、きっと…
( ̄∠  ̄ )ノ(あれ?カスパーの時と同じ〆?)



※双葉社『戦慄!世界怪奇ミステリー』(南山宏監修)より引用。


*このLog.は、カスパー(・ハウザー) の記事をかいている時に、スカパー(!) から思いつきました。