Justin Davisのペンダントヘッドを古着屋に売りに行ったら、
べらぼうに安く言われたから、やっぱやめる。
俺はこれと、PATRICK COXの緑石の銀ペンダントだけは特に大切にしてんだよ、
ライブでしか使う機会もなかなか無いけどぉ…(ー銀ー;)

空振りのこんな日は、サイゼでサラダとほうれん草を食す事にする。

すると…窓の外に何やら手を振る人影。

なんと!偶然 石橋先生に出くわす。

やっぱ縁があんだね、先生 滅多にこの辺りには出没しないから…

「明日は休みなんだけど、100歳のお婆さんの出張治療に行くんだ。」と カバンいっぱいに詰めた仕事道具抱えて、何故だか少し嬉しそうに そうおっしゃってた。

休日も仕事すか?
「皆んなの病気が好くなって欲しいから…」…
真似の出来ない生き方。

で、ビールを一杯飲んで、先生と駅でわかれて、何かないか?とフラフラ…

…見付けました。
ヾ(掘⌒ー⌒出)ノ

現行? 【(株)タキ・コーポレーション】より発売の細密フィギュア、
『新 八犬伝・犬塚信乃』(定価13440円)。

昔、NHKでやってたんだけど ('73〜75 / 全464話) 、もう知ってる人のが少ないか?

日本で初めて原稿料で生活してた作家(!) 滝沢馬琴 原作の、
【南総里見八犬伝】を下敷きに、子供向けにアレンジされた、

【仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌】の玉を持つ八犬士が、
『玉梓(たまずさ)が怨霊』と戦う人形時代劇。
毎回、欠かさず見てたなあ…
( -д-)ノ

当時のNHKは、放送用テープが高価だから使い回す、という理由で、不朽の名作…例えば…
『タイムトラベラー』とか、この『新 八犬伝』とか、フィルムが現存してないんだそう。

ずいぶん前に、アーカイブで放送したいから、つって TVから呼びかけたら、

まだビデオデッキが普及する以前の頃、
たまたま一般の視聴者が、 プロ用機材かなんかに録画してた放送が残ってたらしく、

それがDVDとなったくらいだから、

今 観ることの出来るのはほんの数話だけ という貴重な作品のフィギュア。

…さらっとひっそり置かれてました。

とあるお店の二階。誰も気付く気配もなく…

『座頭市』『中村主水』とか時代劇フィギュアの掘り出し物をいつも探してる(定価では高くて買えない。)俺の、

"実は欲しいのさ リスト" に入ってんだよ、この辻村ジュサブロー氏監修の人形。

でも、とても手の出る値段じゃないし…

「あ?すげー、欲しい…」つって眺めて、
安くなってても「1万かあ?高っかい!」なんて見てたんだけど…

あれ?…一、十、百、千…あれあれ?一、十、百、千…

嘘だろ?これもしかして1000円?千円?

て 事で、興奮を押さえつつ悟られないように、レジへ…。

これ、一桁プライス間違えてんのと違う?

でも、レジでもやっぱり普通に1000円だったし…
いやいや、ラッキーでした。
ヾ(幸⌒ー⌒運)ノ

これは強運というのか?
(*・ω・)ノ

この『犬塚信乃』は、【新 八犬伝】の主役。一番の人気キャラ。

中にはしっかり"孝"の玉も入っている。
ビー玉サイズだけど…
v( ̄∇ ̄)v

3年も寝かせば、かなりのプレミアになりそうだ。

それに今日は、駄菓子屋10円くじのプロ野球バッヂが"1000円"で売れて、

出納も分かりやすくプラマイ(+ −) ゼロ。
ヾ(@⌒0⌒@)ノ不思議なことに…


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
形あるものも 無いものも、

愛する心が無いと、愛は巡っちゃ来ないものだ。

愛するから、愛される。

何だかやっぱり 歌といっしょ…
( ´∀`)♡♥