…誰?「…何してるの?」…あ、別に何も…君は?

「何も。」…君、家はどこ?「ここ。このジャングルジムに住んでる。」

《…オスカーとエリの初めての会話 (日本語がうれしい)…》

「友達にはなれないよ、悪いけど。」とそっけないエリ。

…それどーいう意味?…ぼく別に…とオスカー。

「意味なんかない。…そーいう顔してたから…」……ぼく友達 欲しそうな顔してた?

子供が大人になる手前の… ユニセックスな声。
そして吐く息は2人とも白い…。

冷たく凍る 真っ白な雪に覆われた、

この2人の暮らす街並の映像と共に流れる
ギターとピアノの調べ が あまりにも美しい…

.。o○o。.★.。o○o。.☆
…段ボール整理してたら、
15〜6年位前に頂いた NIKKOのメトロノームを発見。

これ確か、売りもんじゃなくて 中のメカニックが見える透明な、
…サンプルだったような?…

…110くらいのテンポが好きだから、その辺りに錘(おも)り?が拍まったままだ。

カチカチカチカチ 意外と大きい音だったんだな…

テンポ刻む音 聴きながら、うっとり振り子を眺めながら…

…もうこれで、劇場、原作、海外版、と 何度目かのレビュー、
【ぼくのエリ 200歳の少女】('08/スウェーデン)の日本語吹替版を観る。

実は一番観たかったのはこのver.…

吹替えだから、よそ見しててもストーリーが解るのがいい…

まだ憂(うれ) う青春まっただ中の、
エリとオスカー(原作ではオスカル) の苦しくも切ない、そして残酷な物語。

「…ん…明日は来ないかも…」…そう、じゃ明後日返してくれればいいよ…

《ルービックキューブに興味を持ったエリに、オスカーはそう言ってお近づきになる。》

《初デート…》

…食べる?「いらない。」…………そ……。《強がりも、悲しげなオスカー》

「一つだけ……食べてみる。」とエリ。

《オスカーが、せっかく買ってくれたキャンディ。
でもヴァンパイアのエリに食べることは出来ない…結局、ゲーゲーもどしてしまう…》

「ごめんね………オスカー。……………私の事が好き?」
…うん、大好きだよ…「もし、私が女の子じゃなくても 好きだと思う?」

…だと思うよ…「…うん…」…何故そんな事訊くの?…
《初めての告白。エリの大きな瞳には 苦悩が浮かび…》

エリ?付き合ってくれる?…「何?…付き合うって?」…
君がぼくの……ガールフレンドになる、ってこと。

「無理だよ、…女の子じゃない(!)もん…」…

《オスカーは、エリに本気に恋をする。》

本当は、何歳なの?「…12歳だよ……もうずっと昔(!)から…」…

《段々と、エリが何者か知っていくオスカー…》

「ハイ…」…やあ
「入っていいって言って。」それを言わなかったら?言わなきゃどうなるの?

…壁なんかないよ。
と空気をノックするオスカー。

《ヴァンパイアは、入室の許可をもらわずには部屋に入ることは出来ない。
好奇心?試すかの様に、》

《それでもエリは、恋?友情?の為?
ありのままの自分をオスカーに見せる覚悟で、》

その目に哀しみを湛え 無言で部屋に入り、何かを必死に耐える。
《身体中から噴き出す血…》

やめろ!入っていいよ!!

問題のボカし、は日本版DVDでは、
映倫も多少は反省したのか?やみくもに塗り潰す感じじゃなく、縫い目をラインに沿って消した風。

原作知らなきゃ、そーなの。って納得するかも…
(知ってたら、納得できないけど。)

《そして、エリの心からの願い、叫びは…》

「少しでいいから、あたしを理解して!」と、切なくそして 苦悩に満ちて…

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
…さ、後は日本版DVDをご覧あれ。

最近、皆様遊びに来てくれるから 今日もまたLog.ってみました。

なぬ?この映画の話はもう飽きた(タグ検)、って?

…ヾ(エ⌒ー⌒リ)ノ




※エリとオスカーの会話については、
アミューズソフトエンタテインメント版DVD収録 (吹替え) 分より引用いたしました。