昔知ってた奴から聞いた話…

さすがに親に高い金出してもらって、一流大学出ただけあってなかなか面白い話するなーって…

つっても…そいつの話で覚えてる話題、これだけなんだけど…

なんかね、簡単に言えば、キングの短編に出て来る様なそんな…

…人類の気付かないうちに、24時間が…実は昔より、"短く" なってるらしい…
って話…

珍しくも、俺もそん時だけはその話題に大いに乗っかった…なかなかのSF話として秀逸だったしね…

ま、そいつは結局、誰かからの受け売りだったみたいだけどね…

ところが…

※米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所、によれば、
2日、M8.8を記録したチリ大地震によって、地球の自転速度がわずかに増し、

1日の長さ!が100万分の一秒ほど短かくなった可能性があるとする分析結果を発表した…※

って…これこそまさにその話やんけ!!
まんざらSFでもなかったんだ!!

あん時は、なんで?こんな話になったか?と言えば…
タイム感がどーのこーの、つう…ミュージシャン話から広がってったんだけど…

まさかね…現実だとは…

※地球上で質量を持ったものが移動すると自転に影響があるという。
同研究所の、リチャード・グロス博士は今回の巨大地震でも大量の物質が移動したと考え、影響を試算…

その結果、一日の長さは100万分の1.26秒短縮、地軸の傾きは約8センチずれたという、速報値(測定した時点で報告され、まだ十分に整理されてない数値) をはじきだした。※

まだ、確実ではない数字にしても、巨大地震で、昔より24時間は、短くなってる!ってこと?

それって凄いことじゃないのか?

'04のスマトラ沖地震(M9.0)についても…
100万分の6.8秒、短くなったらしいし…

ほんの少し、とはいえ…なんだかゾッとしない話…

…その地震すら、自然の摂理、なのかどーかは怪しいけど…

その話はまたいつか…

その前に、九州行ってこ…
(^O^)/