とっても素敵な…"猫"が、英国にいたお話…
その猫の名は【キャスパー】…英国西部デヴォン州プリマス出身?推定12歳…

何が素敵な猫かって…彼は…

毎朝同時刻、自宅そばのバス停まで歩いて行き、バス待ち…
到着したバスに(顔パスで)乗り込むと、自分の指定席…運転席の真後ろの席に着席…

景色を眺めながら、一周約18キロを巡回…
また元の停留所までバスが戻ると、スタスタ降りて自宅に帰るという…

なんて広い縄張り!を持つニャンコちゃんだったからなのです…

普通、猫って…俺の経験から言えば…
縄張り、つーか、自分のテリトリーから一歩外に出ると、萎縮しちゃってしっぽ下げて、縮こまってるものだよ…ガチガチに…

それを、そんなに18キロも、しかも毎日周回するなんてのは…
…かなりの大物…ビッグショット猫だよね…

地元プリマスでは"通勤ネコ"って呼ばれ愛されてたんだって…

そりゃ可愛いに決まってる!…

飼い主が【キャスパー】を動物保護センターから譲り受けたのは、【キャスパー】が、多分四歳くらいに見えた頃…
いつの間にか消えては現れるから、オバケの"キャスパー"から名前を付けたんだってさ…

でもまさか…消えるからって、毎日バスで巡回してるなんてのは、夢にも思わないよね…
本人(猫)?はバスが大好きで、毎日の楽しみだった、だけなんだろうけど…

そんなだから、当人(猫)は知らんだろうけど、当然英国中で大人気で…

でも…
【キャスパー】は、ひき逃げされたらしく…

通ってたバス停の掲示板には飼い主から…
『キャスパーは残念ながら、ひき逃げ事故の怪我がもとで、この程他界しました。
これまでキャスパーを可愛がってくださった皆様、どうもありがとうございました。』
…と訃報が…

…【キャスパー】…話しだけでも、かなりの大物ぶりだから…恐いもの知らずで無謀だったんだろね…
ネコは、臆病くらいが、長生きすんだけどね…

きっと…タイヤの上とかで寝るんだよ、暖かいし…
大好きな車だから、怖がらなかったのかな…わかんないけど…

でもさ、自分のテリトリー(縄張り)から、【キャスパー】は、毎日一歩踏み出してたわけで…

だからこそ、世界中で知られ、可愛いがられてもいたわけだから…

その一歩を踏み出してみないと何もわからないよ…
…どうなるかは、出たら判る…

【キャスパー】は、縄張りから出歩き過ぎて…亡くなっちゃったけど…
一歩出て、当たってみなくちゃ、砕けるのかどうかさえも判んないんだから…

でも、こうして世界中のたくさんの人の心に、ずっと残っていくことだろうし…
せめて、きっと…俺は忘れないよ…

だって、そう…【キャスパー】は、一歩、

…その一歩を踏み出したのだから…

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
…さて後日談…
【キャスパー】顔パスのバス会社…

同社では、彼の写真を巡回バスの中に飾ってるらしいんだけど…
…今後もそのまましておくんだって…

ね、素敵な話だったでしょ…

【キャスパー】のお話…