最近は、つるの"ダイナ"剛士のCMの、ドリカムのカバーが頭から出てかない…

♪き〜っとぉ〜何年〜たぁっても、…♪
….つーアレ…ナントカ記念日だか、ナンダカ予想図だか…?

あまり、ドリカムは好きじゃない…
曲は良いと思うんだよ、♪ねぇ、ど〜して〜♪とか始まるやつなんて名曲だし…

なのに…TVで生で歌うVo.の人は、いつもCDとは違って、なんか妙な節回し…小節(こぶし)が思い切り演歌!だから…
せっかくの名曲が台無しなんだよ…

何で、CDと同じように歌わないんだろ…?

微妙に違うのよ、演歌とロイク(言う?SOULね)は…

やってる事と、されたい評価が違うから、本人はムキになってTVとかで…アタシこんなにこぶし回せるんですよ〜みたいな…
で、あげくあんな演歌チックに歌っちゃうんだと思うんだけど…

わかりやすく言えば、ナントカ記念日を、久保田が歌うか、氷川が歌うか…彼女は技術的には出来てるけど、後者と同じ演歌系の節回しですよ、と…んな感じ…

ほんの少しの違いなんだけどね…
もし、なんなら俺がカラオケで違いを歌い分けてあげますよ…それぞれのモノマネで…

…だから、つるの"ダイナ"剛士の歌う、ナントカ記念日が頭から離れないのは…
ドリカム本来の良さ、をまんまカバーして、以上につるのさんの魅力(歌唱)が加味されて、更に良さが引き出されてるからだろうな…

あのvo.の女性が歌う演歌チックな歌唱よか、心を打つ!ってわけ…
カバーなのにね…

歴代の平成ウルトラでは、ダイナが一番好きだったな…
つるの剛士さんがブレイクしてくれて良かった…

また、ダイナ外伝で…新作映画希望…!

もち、主題歌もつるのさんで…