パラマウント・ジャパンから、8/28「血のバレンタイン」が発売…

今年かな…輸入版で完全全長版を入手して…
アマゾンのレビューでも「ついに完全版発売!」みたいに言われてから…期待してたんだけど…

やっぱり、つーか…案の定、日本版VHSと同じ90分カット版でした…

中古のVHSすら、《ノーカット(間違い)の日本版は貴重》つー誤報もあったりの影響で、随分最近までは高価なプレミアム(5千円前後した)だったから…ありがたいつっちゃ、ありがたいんすけどね…

宮崎事件から、ホラーの発売はできればひっそり目立たない様に…だから…
バレンタインなのに秋の発売ですが、何かの事件の理由にされるのはゴメンだし…
ひっそりと、はよく解る…

出ないよりはマシだよね…

カナダ映画を否定的に批評する向きも結構いて…
ま、どことなく画質が古くさい、つーかやたらとTVっぽい画面構成だとか…

でも、好きだな…一度見て忘れないんだから…
結局また観たいと思って…海外ならきっとノーカットだろうと勝手に思って、わざわざ輸入版を何度買ったことか!

全部、どれもカット版で、やっと今年に全長版発売で(結構前です)…

きっと、日本版も次は「ノーカット」そして最後にまた…「TV放映時、日本語吹き替え収録版」って、なんのかな…?
だよな、価格帯的にもそんな空気だよな…

海外版でノーカットが出たのを見計らって…順に出してく算段だろな…

ま、気長に待つしかないべ…

何にしても早く出ろー「血のバレンタイン」日本語版ノーカット〜!
「バーニング」「ローズマリー・キラー」も出てくれー!日本語吹き替え収録でー…

あ、また秘宝読者向け、Log.になってしまった…(T_T)

…斜め読みされるー…ノ( ̄0 ̄;)\