今日のDCD、何と最終回は終らず…

びっくり!続きは12月の劇場版でやるらしい…

うっすら予告ではキバーラが鍵をにぎってるみたいだ、
俺はDCDは、つーかTVシリーズを全話みたのはこれが初めて…
面白かった…

ディエンド・海東は言う…「行くなと言っているだろう!」
「もし、もしも俺が死んだら、世界はお前にくれてやる…だが、夏海たちの事は頼む…こんなことを頼めるのはお前だけだ…」と士…

そして一騎打ちのはずの場でアポロガイストと対峙する…
「一騎打ちが聞いて呆れるな…」
卑劣にも、大勢の怪人軍団…
「ライダーさえも敵にまわしたという貴様とは、大違いなのだ…」

「たとえ世界の全てを敵にまわしても、たった一人を守るために戦う…それが仲間ってもんだ…」
そして…「…俺達は仲間だ!だから守る!…それだけのことだ…」そう言い切るDCD・士

そして海東、「…僕達はやっぱり…仲間ってやつかもしれないね…」
そこへクウガ・ユウスケ…「俺は自分の世界と、仲間の命を天秤にかけて、迷っていた…たった一人の笑顔を守れないんじゃ、世界中の人を、笑顔になんてできない…」

ガイスト…「黙れ…お前らの旅など、まったく無意味な、愚かな行為だったのだ…」

「俺達はこれからも旅を続ける…世界の壁を越え、仲間をつくる、その旅はやがて…未来を変える…」

「なんなんだ貴様は?」

士…「通りすがりの、仮面ライダーだ!…覚えておけ…」

"仲間"…
…世の中にどれだけ仲間を思う生き方が存在するのだろう…
己の欲望の為なら、人を利用し…仲間のふりをする…

そんな希薄な時代だからこそ…
"仲間"…がキーワードなのだと、俺は思う…

仲間を必要として、仲間を裏切る…
そんな時代なのかもしれない…

言うなら…"必ず後悔する"…そんな世界だ!

さあ!どうする!?
人生は…DSじゃない…

リセットは効かない…